学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS シンポジウムのパネラーになる。

<<   作成日時 : 2005/06/26 23:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

研究室で自分のニューマシンが使えるように環境を設定したり、博物館のチラシを考え
ながら夜を明かし、今日は、昼から関西自然保護機構という団体のシンポジウムに
参加してきました。企画者から、依頼を受けてなぜかパネリストとしての参加。周りは
著名な○○大学教授とかが並ぶ中で一人だけ20代の新米学芸員が混ざっていました。
タネをあかすと、日本魚類学会のシンポと日程がカブってしまい、この日に滋賀にいない
らしく、僕に白羽の矢がたったみたいです。

シンポジウムは田園の生き物を外来種問題を中心としても考えるというもの。
僕の方は、琵琶湖周辺の水田周りの研究と若干の外来種問題について話題提供を
させてもらいました。封印していたカラドジョウの話題もここで解禁。これは、ここの
会誌に早く投稿をせねばという自戒も込めてでした。
田園生態系の保全については、人為的な管理という問題が常についてまわるのですが、
ここにさらに外来種の問題が入ってきたので参加者の方々が問題の整理でごっちゃに
ならないかが心配でした。
僕自身の話題提供にもコメントがきたので、色々と話はしたのですが、話題提供のときに
いい忘れたフナ水田放流問題についてもここでコメントできてホッとしています。
個人的にはW先生が話題提供したミミズの話が面白かったな。でも誰も噛み付かなかった
のが残念。やはり参加者からのコメントについても行政の取り組みへの質問や外来種の
あり方についての話が多かったので、それにパネラーが答える場面がよく見られました。

終わってから色々と話をしていたら、大学のm-urabeさんやかやちゅさん、K大のHさん、
コンサルにお勤めのKさんやTさんなど色々と知り合いが来られていました。
久しぶりにお会いした方もいましたので、話に花が咲きました。

で、この後m-urabeさんにずっとN町のコモチカワツボを案内していなかったので、
場所を案内することに。水路には以前見たよりびっしりとついていました。
これはヤバそう。。。N君にがんばってもらいたいものです。

大学に帰ってから机の上にお菓子があったので、誰かのお土産かな?と思って
食べてみるとなんかパサパサしてました。よう見たら賞味期限が1ヶ月すぎたお菓子でした。
ショック・・・

はよ企画展のチラシとリーフレットを作ろう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンポジウムのパネラーになる。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる