学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 稚魚大漁。

<<   作成日時 : 2005/06/27 23:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

定期的に行なっているM町にある沼の曳き網稚魚調査に行ってきました。
なんか久しぶりにまる一日使ってフィールドに出れたような気がします。
ある水域を曳き網でひいて、そこで取れる稚魚を採集するものなんですが、
結構この時期になると泥に混ざってブルーギルの稚魚が大量に採集されるので、
それを炎天下の中、仕分けるのが大変な作業です。

今日は朝から曇りで時折雨も混ざるやや涼しげの天気でした。このまま雨が
降るのかと心配していたほどです。
で、最初の4箇所目まではいつもと様子が違ってぜんぜん稚魚がとれず、探せど
探せど1個体程度しか採集できませんでした。

と・こ・ろ・が!!

きました5地点目。ブルーギルです。ギル稚魚だらけです!!ちょうどこのころには
天気も晴れになり、やはり炎天下の中、ギルの稚魚を仕分けました。取れるものは
ほとんどギルの稚魚。なんか悲しくなりました。
もうひとつの沼に移動して、再び曳き網の調査も行ったのですが、そこでは
また別の現象が。

なんと昨年まではあまり採集されていなかったモツゴやフナの稚魚がバスやギルなどの
外来魚よりもかなり多くの割合で採集されました。まあ、これはある仮説をもとに、この沼
で野外実験的な研究を行っているというのもあるんでしょうが、とにかく驚きました。
モツゴだけは、バスが入ってもなぜか生き残っている場所がいくらか知られていますし、
今後の調査次第では何かこの研究でも生き残るヒントが見つかるかもしれません。
フナについては、ある程度予想できた仮説がここで検証されたことにもなるのでしょうが、
ちょっと悩ましき問題も発生したので、仮説を検証するための表現方法を今後考えて
いきたいと思います。

ちなみに帰りに先輩のNさんと一緒に地元のスーパーへ行って、ある程度地元では
有名なパン屋さんのパンを買いました。なんでもサラダパンというパンだったのですが、
中を食べるとマヨネーズとたくあんが入っています。なんともミスマッチなこのパン。
かなり違和感がありました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ギルから距離を置き、はや数ヶ月…
今年もしっかり育っているのか。ヨシヨシ^^って駄目じゃん。
モツゴはやっぱりバスに託卵してるからですよ!?
これから益々暑くなりますがぶっ倒れないように注意してくださいね。
たくあんにマヨネーズ…マヨラーの僕は以前からその組み合わせ知ってました
take人
2005/06/28 12:46
おひさしぶりです。仕事の方いかがですか?
確かにギルは爆発していましたが、まだ1箇所だけだったので、
助かりました。しかしモツゴの大漁には驚きました。
N師匠が設置した人口産卵床にはなかったそうなんですが、そこへ
仕掛けていた刺し網の浮きに大量にモツゴの卵らしきものがあった
んですよ。ひょっとしてこれが原因?
シゲ。
2005/06/28 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
稚魚大漁。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる