学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 観察会ダブルヘッダー。

<<   作成日時 : 2005/08/06 22:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日は朝から役場の福祉保険課の事業に講師として参加してきました。
未就学児とその親を対象としたもので、川で色々と生き物と触れ合ってもらおうというものです。
事前に下見はしておいたので、小さい子でも魚やオタマジャクシが簡単に捕まえられる場所でした。

現場に向かう途中に道路で、哺乳類の死体を発見。うおっ、ハクビシンだ!!
かなり腐敗していましたが、県内での記録はほとんどないので、とりあえず、端っこに寄せて、
カラスなどにもっていかれないように隠しておく事に。

観察会は、それぞれの参加者が川の生き物に興味をもってもらって、オタマジャクシやサワガニ
などをつかまえていました。みんな楽しんでいるようで、水遊び半分、いきものつかみ半分といった
ところでしょうか。
途中で投網も披露して、大きな魚も捕る事ができました。
この日の成果は、タカハヤ、カワムツ、アユなど。特にアユは今までにないくらいの大物が入った
ので、僕自身もびっくりしました。何はともあれ、みんなが喜んでくれてよかったです。

帰り道には袋をもらっていざハクビシンの回収。かなりハエの幼虫やらシデムシやらがついて
いましたが、何とか回収完了。すぐさま博物館へもって帰って冷凍庫へぶち込んでおきました。

午後からは、魚の展示をちょっと模様替えしながら、最近館内のパソコンの調子が悪いので、
メンテナンスをすることに。TさんやAさんのパソコンはついにぞ電源がつかなくなったり、
OSを認識しなくなるので、僕のもちょっと怖くなって外付けHDDにバックアップをとりました。

で、夕方からは、ライトトラップをつかって光に集まる虫の観察会の講師へ。
場所を河原にするか、山際にするかを最後まで悩んでいたのですが、子供も多かったので
山にすることに。ライトの準備をしている間にミズナラなどの木を探索にいったみたいですが、
残念ながら空振り。
ライトトラップには光にあつまる虫がたくさん集まってきました。場所は山だったんですが、
水辺も近くにあったので、けっこうヒメガムシとかトビケラ、カゲロウの仲間もやってきました。

そんなこんなをしていたら、参加者の子供がセミの羽化を発見。
僕も野外で見たのは実は初めてで、感動しました。幼虫から成虫がでてきて、羽がのびるまで
一部始終を観察していましたが、ホンマにびっくりしました。アブラゼミの羽の色は下から色が
ついてくるというのもはじめて知りました。いやー、子供の目はすごいなー。

観察会ダブルヘッダーだったのですが、どちらの観察会も非常に楽しかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
観察会ダブルヘッダー。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる