学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS イワナ給食。

<<   作成日時 : 2005/09/28 23:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は厚生休暇というものにあたっていましたので、朝は休み。
少し体を休めようと8時ごろ起床してもう少し休もうと思ったら、9時頃に博物館から電話。
どうやら、先日の学会のレポートを広報に書かないといけないらしく、その原稿が必要なんだとか。
うそぉ、あれって僕の担当だったの?と言っててもしようがないので、急いでノートパソコンを開き、
殴り書きで記事を書き上げ、役場へメール。なんとかなったようです。

そんなこんなをしていたら、外出の時間がせまってきました。
今日はよく授業に行っている町内の小学校からイワナ給食という行事があるのでぜひいらしてください
という招待をうけ、学校に行く事に。
この学校は、近くに川が流れており、多くの魚類が生息しています。で、この地域性を利用して、
数年前から地元の名産でもあるイワナを河原で焼いて食べるというめずらしい給食行事をしています。
今回で2回目の参加となるのですが、なかなかこういうユニークな給食があるのは楽しいものです。

さて、学校に着くとすでに生徒全員が出発の準備をしており、いざ河原へ。
1年から6年までの縦割りの班のひとつに混ぜてもらい、そこから炭火を起こして塩焼きの準備を
します。
残念ながらここで使用するイワナは養殖のニッコウイワナなんですが、みんな器用にイワナに
串をさして、セッティングをしていました。僕は塩焼き隊に加わり、火加減と焼き具合のチェック。
3年生の女の子と一緒にずっとイワナを回したりしながら、雑談をしていました。

さて、イワナもいい感じに焼けてきていよいよ昼食。めっちゃうまかったです。
まず身を食べて、その後頭や骨を再び炭火で焼いてまた食す。残すところもなく、美味しく頂きました。
今年イワナを食べるのは3回目なんですが、今回は骨まで頂いたので非常に堪能できました。

さて、その後は小学校に戻り、先生と今後の授業や博物館活動との打ち合わせ。
こちらがあるため池で実施しようと思っていた保全活動に協力してくださるとのことで、ここの生物群集の
保全にむけた動きが実現化してきました。あとはうまく専門家と相談して保全計画がたてられるかが
ネックになってくるので、しっかりと考えて行きたいと思っています。

この後、博物館に寄ってちょっと調べ物と広報誌の写真確認。・・・と思ったらSDカードが読み取れなく
なってさあ大変。冷蔵庫にいれたり、昔のファミコンみたいに息を吹きかけたりして何とかしようと
思いましたが、どうにもなりませんでした。

仕方がないので、大学に戻り、どうしようかと悩んでるとUた君がCheckDiskを実行してくれました。
うおっ、読めたっ!!さすがUた君。感謝感謝です。これで写真がなんとかなりました。

この後はMさんが登場して色々と雑談。夕食を食べながら、魚類学会で行ってきた仙台の話題で
盛り上がりました。

さて、明日からまた気合を入れて頑張らなくては・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イワナ給食。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる