学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 悲しき現象。

<<   作成日時 : 2005/09/29 23:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝、いつものように家を出て、いつものように車で博物館へ向かって行くと財布を忘れていた事に
気づき、無駄に朝から2往復をしてしまいました。

今日は朝からある高校の地学を選択しているクラスが実習で来館。自分が高校生の頃は何とも
思いませんでしたが、やっぱりよくみると若いです。高校生といえど、実はもう平成生まれと言う事を
聞いてショックを受けました。そりゃ平成も17年続いてりゃ当たり前ですが。。。。。
気がつけば再来年には大学に平成生まれが入ってくるのか。びっくりだな。
僕が大学に入った頃は1980年代生まれが入ってきたというので、驚かれた事があるのですが、
それと同じような感覚です。

さて、この高校の実習はAさんが担当をしたのですが、その時には博物館実習生のS君、Sさんも
参加。何やら一言ずつ講義の手伝いをしたそうです。Sさんの方は本人曰く「ボロボロです」なんて
言ってましたが・・・これも試練なので頑張ってもらいましょう。

この間、カウンター当番で色々と詰まってる仕事をこなしながら、来館者の対応。昨日書いた広報誌
の写真キャプションを企画課より依頼されたので色々と頭で変なセリフも考えながら、まともなキャプションを
つけていきました。

午前中は高校生でにぎわっていた博物館ですが、午後はうってかわって比較的平和な時間が過ぎていきました。

夜は、植物標本の同定会。僕もちょうど博物館の前でキカラスウリを標本にしていたので、それを
色々と見てもらい、ラベルをつけておきました。しかし、キカラスウリにしろ、カラスウリにしろ花を
標本にするのは難しいもので、花だけは原型をとどめておらず、残念でした。

その後は原稿のゲラが出来上がったのでAさんと一緒にチェック。色々と訂正をしながら見ていったの
ですが、ひとつ、僕が書いた「普段何気に見ているコウモリに・・・」という文章にAさんが反応。コウモリ
は普段みんな見ているものなのか?という所に疑問があったようです。僕の感覚としては街中でも
飛んでいる個体数は多いし、みんな知ってるので、この文章で良いのでは・・・と説得し、企画課へ
提出。すると担当のFさんからも「コウモリって普段何気に見てるのか?」という電話が来ました。
いや、見てると思うんだけどな・・・意見としては2対1か・・・。Fさんも説得して、とりあえず原稿は
そのままでいくことに。また広報誌を読んだ反応を見てみたいな。

それはそうと今日は悲しき現象も。
朝、少し寒かったのでジャケットを着てきたのですが、昨年は普通に着る事のできたジャケットが
今朝きるとなんかやたらと大きい・・・。普通のMサイズのはずなんですが、こんなに着ると大きかった
かなぁ?それともやっぱり身長が縮んだからだろうか・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悲しき現象。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる