学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 作文も変わったもんだ。

<<   作成日時 : 2005/11/26 23:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

遠征から帰ってきた次の日。
23日にも一度帰ってきてたので、あんまり久しぶりという訳ではないけど、お土産はいっぱい。
食べ物系のお土産もあれば、2つの博物館の刊行物と図書交換というおみやげもあります。
なんか、こういう時に言うのは変なのかもしれませんが、営業とかだと

「課長!!新規の契約先を2件とってきました!!」

ってな感じになるのかな。となると、今月の僕の営業成績は新規4件か。
まあそれはおいといて、色々とAさんとかと博物館の話をしていました。

そんな中、Aさんが何やら呼んでいます。
なんでも、以前、アンモナイトやアケボノゾウ、珍しい所ではマンモスの体毛や糞の化石を
貸し出ししていた小学校から、生徒一人一人の御礼状が届いたんだとか。
早速僕も見せてもらいました。昔なつかしの400字原稿用紙です。

「大事な化石を貸してくださってありがとうございました」
「化石を見る前は興味もありませんでしたが、見た後に興味がもてました」
「こんなにいい物をお借りしてありがとうございました。感動しました」
「私たちの後輩にも化石を見せてあげてください」
「ぼくは、博物館には行ったことがないので、また今度いきたいと思います」
「あきらめずに頑張ってください。応援してます。頑張ってください」


読んでいると非常に後輩のためを思っている生徒もいて、また博物館の現状を知ってか(?)
応援までしてもらえるなんて・・・。とてもいい生徒たちですねぇ。本当に感動です。

で、どんどん読んでいくと色々とユニークな作文もでてきます。

「できれば、来年はすべて糞系のものにしてください」  (×2名)
「ゾウの体毛をつかって、カツラをつくりたいので、あるだけください」
「糞はとてもくさかったです。食べました。僕のもあんな形でした。全部うそです。」
「ゾウの体毛をちょっとだけください。サイフに使うので」
「みんなで糞の化石をなめて遊んでました。化石ください。お願いなのだ。」


・・・さすが男の子はストレートです。
さあ、対する赤組を見てみましょう。

「アンモナイトとかもマジで見れてうれし↑かったです\< ^ _ ^ >/」
「糞までが化石になっているとはっ!すごいですよね→!! >_< 」
「とってもとってもとっても×10 めちゃ×10 うれしかったです」
「アゴの化石に実際さわったりしてよかったです↑↑↑< ^ _ ^ >↑↑↑」

※一部の絵文字は変換できなかったため掲載できず

おお!!作文にも絵文字が登場!!これはまさに携帯からはじまった文化なのでしょうか。

・・・と振り返って見ましたが、最近は作文に絵文字まで登場しているとは知りませんでした。
もはや解読できない記号もあって、Sさんに訳してもらったりした場面も。

僕も小学校の時は作文は大の苦手だったので、苦し紛れでいろいろな事を書いた記憶が
ありましたが、ここまで進化しているとは思いませんでした。

この子達、先生に提出する日々の日記とか。夏休みの読書感想文とか、どうしてるんだろ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
作文も変わったもんだ。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる