学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒中魚とり。

<<   作成日時 : 2005/12/11 23:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

昨晩はKさんや、Hさんと夜遅くまで色々と話をしていました。
今日は、北の方から一気に下って三重まで行きました。ところどころ雨や雪が降っていたのですが、それも現場へつく頃には止んだのでひと安心です。

今日はウチの博物館によく来てもらっているU先生率いるY西高校の生徒さん達と生物系ブログ界の新鋭となる(?)Y高校裏生物部の生徒さんが合同で、T川の水生生物を調査するということで、そのお手伝いに行ったのです。この川は、汽水になっており、普段僕がなかなか見る事のできない汽水域の魚がたくさん見られる場所でもあります。前回もハゼ科魚類をはじめ多くの魚を見ることができましたので、僕自信も大変勉強になりました。

とはいうものの、今日は山間部で雪もちらつく天気。だいぶ防寒をしたつもりでしたが、まだ肌寒い状態でした。裏生物部は、顧問ギワ子様をはじめ、部長君とそのお友達2名の参加。他のメンバーもぜひ会ってみたかったのですが、それはまた今度の楽しみにとっておきましょう。

川へ入ってまずは、冬場の魚とりのアドバイスから。
さすがにこういう時はちょっと淵になっていて、抽水植物などが繁っている場所でじっとしていることが多いので、その辺りを狙ってみるように実演。やべぇ、最初のガサガサは何も入らなかったよ・・・


そこからみんなで別れて魚とり開始。やはり夏とは感覚が異なり汽水性のマハゼやボラなどの姿はありませんでした。それでも、みんなでとった成果としては、ギンブナ、タモロコ、ウグイ、オイカワなど魚類11種、モクズガニ、テナガエビなど甲殻類は5種ほど。甲殻類等に関しては、ほとんど知識がないので、ヌマエビ類などはどの種類か同定はできないのが残念でした。また次回までに頭に詰めてこようと思っています。

今回の調査は同じ場所でも季節が変わると採集できる魚類が違ってくるというものがよくわかる成果でした。こういった意味では、地道に見えますが、同じ地点において、年間の季節変化を調べるということが河川の魚類相を調査する上で重要なことかわかると思います。魚の消長が季節的な要因なのか、生物的な要因なのか、それを確かめる上でも継続した調査が必要なのです。

それにしても、採集している時は動いているので、よかったものの、この後の集計をしている時が寒いこと。他の生徒さんもブルブル震えていました。動きがとまってからがだいぶ寒くなるので、このあたり気をつけるようにしたいものです。

その後は、あったかい物を食べて、Y西高校の生物部へお邪魔。水槽がたくさん並んでいて、なんとも良い雰囲気でした。僕の高校時代も色々と並べてた記憶がありますが、あまりきちんと世話をしていなかったので、こういった管理をきちんとしている生徒さんたちがうらやましいです。また、U先生から、最近の生物の教科書を見せてもらいました。びっくりだったのは代謝などの分野が教科書から消えてしまったこと。カルビン-ベンソン回路とかもうなくなっちゃったんだなぁ。あの頃は頑張って覚えてたのに・・・。


さて、Y西高校をあとにして、その後、近くのKさんの所へよってみました。ちょうど昨日シンポジウムをしたということで、色々な方が集まっておられました。現在は東京におられるKさんやこの前宮城で会ったSさん、Kさんと一緒にタナゴの研究をしているTさん、そして話をしていたらこっちで一緒に魚の調査をしたN君も帰ってきました。N君、帰ってくるなり開口一番はマシジミの話。二人でマニアックな淡水貝類トークが炸裂して、周囲を唖然とさせてしまいました。すこしの時間でしたが、色々な方とお話できて、とっても楽しかったです。帰りはN君をのっけて大垣経由で帰ってきました。やっぱり車内でも淡水貝類トークは炸裂。でも、この数ヶ月でN君の淡水貝類に対する知識量は急上昇しており、その熱心さは関心しました。このまま頑張って貝の道(?)を進んでくださいね。

今日は朝から大移動ですが、色々な出会いがあって楽しい日々でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
え〜、大変お世話になりました。
調査の方法や目の付け所等、色々と勉強にもなり...感謝!です。
次回こそはウチの部員が来るように...来てくれるといいなぁ...来るのかなぁ...
やっとウチの活動記も更新しました。書いた時間帯が深夜で、しかも朧気な記憶を頼りに書いたので、おそらくとんでもない大ボケをかましていそうですが...

またの機会に、是非ウチの部の部室へもお越し下さいませ。激しく散らかっておりますが、玄米茶ぐらいはお出しできますよ。
裏生物の部長。
2005/12/17 00:44
裏生物部の部長さん。
この前はたのしいひと時をありがとうございました。
また、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。
裏生物部の部室・・・今度行く時にはぜひ行ってみたいです。
シゲ。
2005/12/17 06:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
寒中魚とり。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる