学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 書のこころを思い出す

<<   作成日時 : 2005/12/18 22:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝。なんか嫌な予感がしたのか、いつもより早く目が覚めました。
ふと、窓の外を見ると・・・

雪 キターーーーー(゚∀゚)ーーーーーッ!!

ぱっと見た感じ、10cmくらいは積もってたので、今日はいつもより40分ほど早めに博物館に行きました。
道も凍ってたので、徐行運転。おいおい、対向車線では、スリップしている車の姿が・・・。

無事に、博物館についたのですが、積雪は15cmくらい。思ったほど家の付近と変わりはありませんでした。
Tさんはすでに来られて、この前出した除雪機を動かしてたので、僕は駐車場の入り口の雪掻き。
朝の朝礼が始まるまで30分ほどやったのですが、けっこう全身運動なので、かなり体があったまり
ました。ひょっとして明日筋肉痛かも・・・


さて、そうこういう中で、今日は博物館講座の日でした。今年度の講座は書道関係のもの。
さらに、この講座で書いた作品などは2月から博物館で始まる書道展に出展していただくことに
なっています。
で、実は今回から僕も参戦。僕は書道を幼稚園から高校3年までずっとやっていたので、その関係で
この講座の担当をしながら、僕の作品も書道展に出展することになったのです。

今日は雪ということもあってか、参加者が少なかったため、色々と先生に作品の見本を書いて
いただきました。それぞれの人にあったテーマで、臨書や漢詩、俳句などを書いていかれます。

先生の書は格式ある書にこだわらず、一つ一つの文字のアレンジと、全体のアレンジを組み立てて
作品を作り上げていかれました。まさに自然体で書く、というのはこのことだなぁとみていて感じたの
ですが、筆を動かすのではなく、筆が動いているように見えました。

僕の作品に関しても色々とアドバイスをもらって、見本を書いていただいたんですが、僕のは
若いからダイナミックにということで、筆を二本使い、さらに連の作品を書かれました。いやはや、
びっくりしました。ほんとにダイナミック。

僕が書くべき御題は「歩々是道場」の五文字。これをいかに若者らしく(?)そして、
博物館の学芸員らしく(?)書くかが、これからの課題になりそうです。どちらかというと何枚も
何枚も練習するというよりは、その日の気分やノリでズバッと1枚書いた方がよい作品だと思うので、
また、色々と仕事終わった時の気持ちを込めるような形で書いていきたいと思います。

久々にじっくりと書のこころと楽しさを満喫させてもらいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
書のこころを思い出す 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる