学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS ユリカモメかわいいっ!!

<<   作成日時 : 2006/04/22 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4

昨夜は早々にダウンしてしまったので、朝早く起きて、大学の研究室へパソコンの電源を取りに行きました。行く途中、周辺の田んぼでは水入れや田起こしが始まっており、そこには多くのユリカモメがトラクターのおこぼれをもらいにやってきていました。こいつはシャッターチャンス!!とばかりに狙いたい所ですがそれよりも早く電源を取りにいかなければいけなかったので、スルー。

その後、博物館に着いてから開館時間までちょっとだけ余裕があったので、夏の企画展に伴う鳥の調査も兼ねて写真を撮りに出かけました。水が入っている田んぼには、すでに多くのユリカモメが入っており、ほとんどの個体が夏羽になっていました。ユリカモメの夏羽はアデリーペンギンみたいになってて、とっても可愛いんです。

画像


カメラを構えてたら、またどこからともなくユリカモメの群れがやってきて、最終的にはカウントをしたら143羽。こんなにいたんですねぇ。みんな必死でトラクターの後ろを着いていき、中からでてくるものを探してました。よーく観察してみると、食べているものはミミズが多いみたいです。
このほか、ヒバリ、セグロセキレイ、ムクドリなどの写真も撮影することができました。

画像 画像 画像


ところで、農家の人からして、このユリカモメってどういう存在なんだろう?まあ、しゃあないなという存在なのか、迷惑なのか?ちょっとそこら辺を聞くことができなかったのが残念です。



ぼちぼち湖岸域の水田でも水入れが始まるので、その辺りでもこういう光景が見られそうですね。田起こし、代掻きの時に集まる鳥は数種類いますが、その辺り人間(この場合は農家である)との関係がどうなっているのか調べて見ると面白いかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お台場のユリカモメを想像してた私・・・(^^;
たおたお
2006/04/25 21:31
 稲枝で田んぼ勤務してたころは、この代掻きの時期、アマサギが一番目立ってたかなあ。
 トラクターに乗ってると、アマサギとトンビ、ときどきユリカモメ、カラスの類、攻撃してくるケリ?に親近の情。
 トラクター作業中に集まってくる鳥を見てると、鳥と散歩してる気分で心地いい。

 でも余呉に来てみると、田んぼに集まる鳥が少ない。ちょいと寂しい気もする。

 農家の人で鳥の名前を知ってる人って案外少ないよ。収穫期のスズメと畑に集まるカラス(こいつは厄介、近年増加中)を除けば、たいした害を及ぼすわけでもないし。
 軒のツバメに喜んだりするくらいかなあ。
野良師
2006/04/27 12:41
>たおたおさん。
をいをい。僕がそれを書いたらきっと「ゆりかもめ7000系」ってちゃんと書くよ(笑)
シゲ。
2006/04/28 06:40

>野良師さん。
あそこらへんは、U曽川の鉄橋にサギのコロニー(集団営巣地)があるからアマサギも多いですね。実は僕はトラクターに乗って作業したことないから結構鳥に怖がられる方の存在なんですよねー。網とかキャノン砲のようなカメラ持って歩いてますし。ホンマこういう鳥はよく人を見ているなと思います。

この辺りの農家の方も鳥は鳥、のような方が多いようですが、こういう事例が人と野生生物の良い意味での接点であり、博物館とかで紹介すると面白いような気がしてなりません。またこういうミニ企画展でもやってみたいな、と思っています。
シゲ。
2006/04/28 06:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユリカモメかわいいっ!! 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる