学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりの動物園。

<<   作成日時 : 2006/06/04 23:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

かぼすと、名古屋の東山動物園に行ってきました。水族館はよく行ってましたが、実は動物園というのはめっちゃ久しぶりです。
お昼すぎに動物園に到着して、とりあえずお昼ご飯。もう人はいっぱいです。

んで、その後色々と周りました。


アジア近辺の動物コーナーから類人猿のコーナー、そしてアフリカのコーナー。どのコーナーも動物が充実しています。特に類人猿のコーナーは色んな種が公開されていて、力はいっているなぁと感じました。キンシコウは子供が色々なパフォーマンスを見せてくれて、観客も大満足。

アフリカゾウでは、ちょうどエサやりの時間を見る事ができたのですが、ただ単に餌をやるだけではなく、飼育員の方々による定期健診の様子まで公開してくれていたので、そういった飼育の努力の一面を見せてもらう事ができました。

その後は夜行性の動物コーナーを抜けて、両生・爬虫類コーナーへ。
ここでも体験イベントで、爬虫類と触れ合う時間にちょうど立ち会うことができました。で、でてきたのがアオダイショウ、ヒョウモントカゲモドキ、そして4mくらいのビルマニシキヘビ!!飼育員の方々が首に巻いた状態で出てきて、子供達がそれをとり囲っています。叫ぶ子供、泣く子供も続出していたのですが、そんな子供にまぎれて、ニシキヘビを触らせてもらいました。なんとも可愛い顔をしていて、おとなしいヘビでした。

そして今回期待していた世界のメダカ館へ。属にメダカと呼ばれているOryzias属の十数種類だけがいるのかと思いきや、これがまた色々な淡水ダツ目の魚類を200種類ほど(?)展示していてなんともマニアックな展示館でした。中には愛知県の淡水魚なども展示しており、地域らしさも感じることができました。個人的にはここだけでおなかいっぱいです。


で、最後はやっとコアラ館。等間隔にユーカリの木がおいてあって、そこでコアラはお休み中。さすがにみんなに人気でみんなカメラを向けていました。うんうん、やっぱり癒し系キャラですねぇ。


で、そうこうしているうちに閉演時間。
率直な感想は・・・


・・・広い、広すぎるよ。


一日使っても多分、回りきれません。まだこのほかに植物園まであるというのですから、相当広いです。
動物の見せ方には旭山動物園から始まった最近流行りの性質を利用した行動展示というものはなかったんですが、圧倒的な飼育種類数とそのスケールの大きさでは、日本でも最大規模と言っても良いかもしれません。これにアイデア展示などが加わってくると、相当なレベルの動物園になるのではないかという期待感がありました。

逆に広すぎるという点では、どれを見たか、どれをまだ見てないか、今はどこにいるのかなどがわかりづらいかもしれません。もらったパンフレットには動物園内がいくらかのブロックに別れていて、そこにそれぞれの動物や施設名が書いてあったのですが、ちょっとわかりづらい面もありました。なんかテーマを絞ったお勧めのコース(順路)のようなものがあってもよいかもしれませんね。

何はともあれ、久しぶりに動物園ではしゃぎました。
夜は味噌煮込みうどんを食べて帰宅。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりの動物園。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる