学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 書評:滋賀県で大切にすべき野生生物 2005年版

<<   作成日時 : 2006/06/24 07:21   >>

トラックバック 0 / コメント 3

あまり、このブログで書評というものをしていなかったので、これを機に書評をしてみようと思います。このときは普段の「ですます調」からレポート形式の「である調」に変わりますのでご容赦を。

--------------------------------------------------------------

画像

滋賀県で大切にすべき野生生物 滋賀県レッドデータブック2005年版
滋賀県生きもの総合調査委員会編
2006年3月発行  A4判 560pp. サンライズ出版
ISBN4-88325-296-5  \3,360


 滋賀県で大切にすべき野生生物2000年版から5年、ようやく待望の書が発行された。2000年版は、解説書とCD-ROMのセットとして滋賀県自然保護課より発行・販売され、掲載種の生態、形態とその現状、分布想定図などが記され、さらに検索機能もついた全国でも屈指の地方版レッドデータブックであった。それゆえに現在では入手は非常に困難であり、すでに自然科学系の古本屋では3倍以上の価格がついている良書であった。

 今回のレッドデータブックでは冊子形式の560ページで、他の都道府県版とほぼ同じく、平均的なページ数である。カテゴリーは(1)絶滅危惧種、(2)絶滅危機増大種、(3)希少種、(4)要注目種、(5)分布上重要種、(6)その他重要種、(7)絶滅種、(8)保全すべき群集・群落・個体群、(9)郷土種の9分類であり、2000年版のカテゴリーをそのまま用いてある。対象分類群としては、クモ類が昆虫と同様の分野で初めて掲載され、2000年版では対象となっていた菌類が対象外になっている。
 掲載種は、植物620種、哺乳類27種、鳥類160種、両生類21種、爬虫類9種、昆虫類・クモ類256種、魚類61種、貝類99種、その他水生無脊椎動物17種の計1270種が選定され、2000年版(1077種)より194種増加したことになる(ただし、掲載分類群は変わっている)。これは、前回のレッドデータ発刊以降で調査が進み、より県内の野生生物の詳細が明らかになったことにも起因するが、それ以上に生息地の悪化など数々の要因により野生生物が減少していることを物語っている。

 内容に関しては、まずレッドデータブックと滋賀県が実施した生き物総合調査の概論に続き、掲載種の一部のカラー写真が掲載されている。そして各分類群ごとに概論があり、各種の選定理由、各掲載種の概要、生態・分布、特記事項、文献の項目が記述されているが、2000年には掲載されていた分布想定図はない。1種ずつの解説を読んでいると残念ながら規模が縮小してしまったと言わざるを得ない。正直なところ、これは、滋賀県が2000年版出版以降にこの調査および野生生物保全に対して消極的であった姿勢が顕著に表れているのではないだろうか。企画は行なったものの、野生生物保全事業への予算削減、調査規模縮小に加え、最終的には印刷・発行すらできなかったのだから。
 それゆえ、今回は地元の出版社(mixiつながりの木綿屋おせんさんが担当だった)が印刷を行なっての発刊となった。おせんさんも色々と盛り込みたい内容は様々にあったであろうが、そのやりとりで相当苦労されての出版だったに違いない。

 実際、私も滋賀県レッドデータブック発刊に関して、調査や情報提供などは行なってきたが、県としての情報保管、調査者、とりまとめ・執筆者へのサポートをはじめ、選定された種への対応などが年々と少なくなっているように感じる。我々が提供したデータはきちんと管理をされているのだろうか、そしてきちんとそのデータが活かされているのであろうか。県は様々な人が地道に集めてきたデータを吸い上げるだけ吸い上げて、還元することを忘れてはいけないだろう。
 レッドデータブックは5年おきに改訂版を発行するというかたちになっていたが、果たして2010年には改訂版を発行することができるのであろうか。そんな将来が心配になったレッドデータブックであった。

 本書は、今後県内の自然環境保全、開発前の事前評価などに必携の書となるものである。各種のカテゴリーが変更してある種もあるため、選定種のカテゴリーは2005年版に従うべきであるが、なるべく2000年版をお持ちの方は、2000年版CD-ROM解説と併用して使用されることを薦める。


 なお、本書には各分類群におけるカテゴリーごとの選定種リストが掲載されていなかったため、私の専門とする淡水魚類については下記URLに作成した。EXCEL形式とCSV形式で作成したので、必要な方は御参照いただきたい。日を追って守備範囲の淡水貝類、陸産貝類などを随時アップしていくつもりである。

 滋賀県で大切にすべき野生生物 2005年版 淡水魚類掲載種リスト (EXCEL形式)
 http://www5b.biglobe.ne.jp/~shige-k/RDBshiga2005fish.xls

 滋賀県で大切にすべき野生生物 2005年版 淡水魚類掲載種リスト (CSV形式)
 http://www5b.biglobe.ne.jp/~shige-k/RDBshiga2005fish.csv

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
最初のは、買いましたよ!
そんな価値が出てるとは知りませんでした。
一回くらいしか開いてません(笑)。

でも、題名は今も抵抗があります。
「ほかの動植物は大切にしなくてええんかい!?」って。
イタチは?アナグマは?カワウソは?

シゲ。さんの書評を読んで、レッドデータブック自体がレッドデータ入りしそうな勢いかと。
あひる@滋賀
2006/06/25 01:19
すみません、まずは出版おめでとうございます。と言うべきところ。
あとからになりました。

こういう地道な記録本って、価値はあるんだけど、
売れるかどうかというと難しいのでは。

出版にこぎつけたことが既に価値あるものなのでしょう。

おせんさんご担当だったんですね。
お疲れ様です、書店で探してみますね。
あひる@滋賀
2006/06/25 01:22
>家鴨あひるさん。
コメントありがとうございました。
このレッドデータブック、県の当初の予定では、出版すらあやうい状況でしたからねぇ。だからこそ、この書評で、県の自然環境保全体制に対して批判的な意見も含めたわけです(決して出版自体を否定している訳ではありません・・・)。
ですから、その後出版にこぎつけてくださったおせんさんには感謝感謝なのです。
シゲ。
2006/06/25 08:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
書評:滋賀県で大切にすべき野生生物 2005年版 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる