学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS ビワコオオナマズに会いに行く。

<<   作成日時 : 2006/07/21 22:10   >>

トラックバック 0 / コメント 7

ここ数日、もしやと思い、夜になるとB琶湖の主、ビワコオオナマズの産卵を観察するために、とある場所へ通っていました。ビワコオオナマズは普段B琶湖の水深10〜70mのあたりに生息しているといわれているのですが、限られた時期のみ接岸し、産卵にやってきます。

で、19日の夜、色々と仕事が詰まっていたのですが、どうしてもこの日しかない!!と決断し、夜になってからまた博物館を飛び出して、ビワコオオナマズに会いに行きました。まずは、調査も兼ねて昨年、一昨年と産卵を確認していた場所へ向かったのですが、この日は風と波が強くここは×。その後、いつもの場所へ向かいました。

少し寄り道をした後に、現場へつくと、そこへは、ウチの研究室のFさん、ギル人さん、M君、パンダのMさん、M大のS君、フォトエコロジストのNさん、K土地改良区のMさんの姿が。パンダのMさんからは聞いていたんですが、こんなに集まってたんだな・・・。おおっ、しぇふ君、m-urabeさん、N君もいるではないですか。それぞれ観察のため、撮影のため、研究のためなど目的は別々でしたが、もはや知り合いだらけで、びっくりしました。そんな中でもバチャバチャと産卵している音が聞こえます。

で、僕も撮影開始。雨もあがってたので愛機D50も使えるし、めっちゃ気合が入りました。
近づいてきた個体をおどかさないように慎重にピントを合わせて・・・。
とりあえずは、何枚か満足した写真が撮れました。

画像


画像


画像




今回の産卵は、メスがすでに接岸してきてぼーっとしており、そこへオスがやってきて巻きつくという感じ。昨年は完全に追っかけ合いをしたまま産卵する個体が多かったので、なんか産卵行動が違うなーという気がしました。

撮影をしていると、周囲が明るくなってきたので時計をみるともう4時。
さすがにマズいと思って、帰りました。このまま寝ると大変な事になるので、朝まで起きてて博物館へ行きました。もはや気合の世界ですな。

やはり、ビワコオオナマズはその姿といい、大きさといい、魅力のある魚です。
僕自信も謎に包まれた彼ら(彼女ら)の生態をいつかは研究してみたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいのね。ひっそりと産卵すべくビワコオオナマズに
そんなに多くのギャラリーが来るとは……。

「お客さん、あまりそばまで近づかないでください」と
いうおっちゃんを置かなければなりませんね。

あっ、すみません。見世物ではなく研究者の面々でしたね。
Mさんの写真とか、『鯰』の本では見聞きしておりますが、
さぞかし琵琶湖のヌシの水音はすごいのでしょうね。

木綿屋おせん
2006/07/22 00:03
目、目が光ってるよ〜!

この前、びわますフォーラムで、漁師さんに
琵琶湖大ナマズと弁天ナマズのラブラブ写真を見せていただきました!

みんなコーフンして見ました(笑)。

目が光ってました!
ナマズの目は、ちっちゃくてポチッて光るかわいい目ですね。
あひる@滋賀
2006/07/22 00:06
>木綿屋おせんさん。
この前は突然の訪問にも関わらず、ありがとうございました。
私もM師匠に負けじと撮ってみたのですが、これくらいの写真では師匠から「まだまだだねぇ」と言われそうです。
今回来ていた人々はホンマに内輪の関係者だったのですが、実は悪質な業者なども出入りしているみたいなので、本当におせんさんのいうように監視もつけなければ・・・という事を感じています。
まだ人には知られていない産卵場所もいくらかあるのですが、なにぶんハッキリとした個体数とか生態とかが明らかになっていないので、早くビワコオオナマズを助けるような研究がしたいなと思っています。
シゲ。
2006/07/22 00:11
>あひるさん。
どうしてもフラッシュを当てるので、眼が光ってしまうのですが、どうもビワコオオナマズはその中でも赤くなりますね。眼球内部の毛細血管が無数に走る脈絡膜層が普通の魚より赤いのかな?
ちょうど、ここへ行く途中にその漁師のMさん所へ寄り道して、同じ写真を見せてもらいました。ウチのM師匠をはじめ、みんな「のぞき」と「盗撮」が好きなんですねぇ。あ、あくまで魚の世界の、って事です(汗)
シゲ。
2006/07/22 00:15
研究の主目的ではありませんが、オオナマズから固有種の条虫がとれました。この条虫の属は、日本ではビワコオオナマズとコアユにしかいません。琵琶湖の中で宿主転換によって分化したことがほぼ確実な種類です。貴重なサンプルですが、日本では研究者がいないので、たぶん海外へ送ってしまいます。
m-urabe
2006/07/22 00:58
オオナマズ!!
2枚目の写真ラブ!!
カド子に会いに行くの忘れた!!
ドラ
2006/07/22 01:21
>m-urabeさん。
この日は遅くまでご苦労様でした。しかし、すごい条虫がとれたんですね。サケ目(キュウリウオ目)からナマズ目へぶっ飛ぶよう(もしくはその逆)な転換が起こったと考えられるのでしょうか?それとも、その中間にコイ目なども介してるんでしょうかね?いずれにせよ、今後も興味がありそうな話題ですね。

>ドラさん。
おう、B.O.Lの会員としてもっとこれから布教活動をしてくれい。
カド子は8月27日まで展示してるぞ!!
たまには育ての親の顔を見せてやってくれ。
シゲ。
2006/07/23 07:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビワコオオナマズに会いに行く。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる