学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魚部ってる? 〜2日目〜

<<   作成日時 : 2006/08/01 23:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて、昨日の疲れもすっきりとれて、今日も北Q州高校魚部のみなさんと、県内のドジョウを巡って移動します。

今日は私の住む町、T町へ。目的はアジメドジョウとホトケドジョウです。
車で移動すること約1時間、ちょっと休憩がてら、道の駅へ寄って、売っているものを見てもらいます。湖魚コーナーにはアユ、ハス、そしてビワマス・・・。Q州ではちょっとありえない売り物が並んでいたので、みなさんの反応も上々でした。

その後、さらに30分ほど車を走らせて目的地へ。
ここで、アジメドジョウを採集します。

画像

すぐに採集できました。
で、その後は、採集というより、箱メガネを使って水中観察。アジメドジョウが泳いでいる姿を見て、みなさん感動しておられました。

おお、おいかわ丸氏は、ヒメドロムシ採集ですな。
なんと、もう3種類も採集されたのかっ!!

で、今日は、皆さんもQ州へ帰らなければならないので、ちょっと急ぎ足です。
アジメの場所に別れを告げ、次は走ること5分、ホトケドジョウの生息地、山間部の水田地帯です。

「へ?こんなところ?」

という場所へ案内をして、とりあえず採集してもらいます。ものの10分もたたぬうちに、展示には十分なくらいのホトケドジョウが採集できました。この場所にも驚いていたようです。
何はともあれ、ここも無事に採集完了。これで、滋賀県に生息しているドジョウ科6種をみてもらうことができました。

その後は、ちょいと博物館に寄ってもらって今の企画展を見てもらった後、せっかくなので、少し車を走らせ、ハリヨの生息地を見てもらう事にしました。ちょうど明日ここで、観察会を行なう予定だし、下見もできてよかったです。魚部の皆さんは、ハリヨとは初対面。熱心に観察をしておられました。この川は僕のホームグラウンドでもあるし、また会える日までしっかりと保全をしていきたいと思っています。


魚部のみなさんとはここでお別れ。1泊2日の採集はちょっとキツかったかもしれませんが、楽しんでもらえたようです。昨日Uさんとも話をしていたのですが、秋には本当にドジョウ展を見に行きたい、と思わせてくれる熱心な活動と想いがこもったクラブでした。
今回はドジョウに絞った研修でしたが、またじっくりと遊びにきてほしいものです。


〜後日談〜
実は、僕と合流する前の日はB博物館に行ってたらしいのですが、そのときバックヤードなどを案内してたのは・・・なんだM師匠だったのか。どうせ女の子の名前を聞いてたり、いつものM畑節が炸裂してたに違いないな・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魚部ってる? 〜2日目〜 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる