学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ、展示を見学!!

<<   作成日時 : 2006/08/24 23:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日はこのまま研究所に泊めてもらって、ひたすら魚の撮影をしていました。
同じタナゴ亜科でも、性格が全然違うので、すぐに写真を撮らせてくれる種とびゅんびゅん逃げ回る種などがいて、撮影は一苦労でした。でもおかげさまで、なんとか写真が撮れました。

さて今日はみんなでM町にあるS博物館へ。
たまたまHPで知ったのですが、この博物館も近くを流れる川の自然と歴史に関する企画展を行っているのです。知り合いのKさんが研究をされているフィールドでもある川でした。
他の博物館では川の企画展ってどんなんやってるんだろう?という興味もあり、将来的に町内を流れている河川の企画展(特別展クラス)も構想にあるので、その参考にと思ってやってきました。

お昼をM市のす○屋で食べて、車で走る事1時間。S博物館につきました。すっごいおしゃれな博物館です。で、さっそくエントランスに展示を発見しました。

パネル2枚とハイケース、水槽2個。

一同 「これだけ・・・・・・・・かな?」


あまりの規模の小ささに少しショックでした・・・。
もっと大きな展示をしてるのかと思っていたのですが、そこは歴史系の博物館ですので、ちょっと期待しすぎてしまったようです。

で、見るものは一瞬で終わってしまったので常設展示を見に行く事に。
よーく展示を見ていると、この博物館自体も遺跡の上にたっているみたいです。
中の常設展示は、かつての宮を再現したもので、かなりデザインにもこっていて、さらに映像もCGを使って立体模写をしたりとかなり様々な技術を取り入れていました。途中、シアターがあるとのことだったのでその映画も見たんですが、内容はわかりやすかったです。ただ、昔の人の喋り方がロボットみたいで変な感じでした。

その後は特別展の部屋へ。ちょうどこれは文化財センターの成果展示でもあり、年にいくらかはこういう形で行われているようでした。ウチの博物館でもこういう連携した成果展ができれば面白いと思います。ここは大変参考になりました。

さて、博物館をでて、その実際のH川へいって見ました。河辺林が残り、こんな川がまだあったのかというくらいの川でした。どうも今日は水量が多いせいか、にごっていてあまり見えませんでしたが、ときおり岸から覗いていてもオイカワやアブラボテやカネヒラが泳いでいる姿が見えました。ただ、気になったのはちょいとオオクチバスが泳いでいたこと。今まででも見つかっているのかどうかはわかりませんが、ちょっと今後が心配です。

その後、また研究所に帰ってきて4人でしばし雑談。
帰ってきたのは、22時くらいだったのですが、ひさしぶりにKさん、N君、Tさん達といろいろとお話ができて楽しい一日になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ、展示を見学!! 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる