学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さい頃の本。

<<   作成日時 : 2006/08/26 23:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は珍しくYさんと2人の日。
この夏休みは朝からお客さんがけっこう入っているのですが、意外に今日の午前中はがらんがらんでした。途中、生き物大好きなS君がやってきて、タッチプールでフナを追っかけまわしてました。その間にお母さんと話をしていたのですが、S君、今ではすっかり愛読書が図鑑になったんだとか(ちなみに、S君は5歳である)。普通の会話にコガタアカイエカとか、ヒトスジシマカとかその歳にしてはやけにマニアックな種名がでてくるそうです。

僕も小さい頃に母親に買ってもらった昆虫の本が字を覚えるきっかけになったし、あれが今の僕の原点になっています。なんか変な虫がとれて、それを本で調べて名前がわかったときの喜び。今でもよくわからない種を採集してきて同定できたときは、同じような嬉しさがあります。

そういった意味で小さい頃に読む本ってのは後々の自分にかなり影響があるんだなぁと感じます。


がんばれS君。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小さい頃の本。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる