学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 保全関係の仕事。

<<   作成日時 : 2006/09/02 23:04   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日からいよいよ企画展がはじまりました。
ちょっとお客さんが少ないですが、メディアの取材などもあったので、これから増えて行くことでしょう。


で、今日は県内の希少野生動物関係の仕事をちらほらと片付けました。
今年度から、M師匠に召喚され、県のレッドデータブック作成の委員会に加わることに
なったので、ちょっと希少種と外来種関係の手持ちデータを整理してみました。
こういう仕事は高校の頃からずっとやりたいと思っていたので願ったりかなったりです。

ただ、どうしても行政サイドとのやりとりが難しく、せっかくデータを提供しても、うまく活用
してくれなかったり、知らん間にデータ使われてたりといろいろといざこざがあるのも現実。
このあたりはしっかりと今のうちに制度化をして行く必要がありそうです。

大学に入った時に、色々と教えてもらっていたB博物館やその他の先生と同じ円卓に立って
議論ができるのはなんだか恐縮ですが、この場を利用して、いろいろと保全のノウハウを
学んでいこうと思っています。と、同時にこれらで議論されたことをいち早く現場で活かせる
ようにこれからもフィールドに出かけたり、地域で保全に取り組んでいる人達のサポートが
(いちおう)専門家としてできるように頑張っていきたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしいですね。尊敬しますよ!!
ウチは上司ですらそういうことはやってないし、
参加しようともしない(>。<)情けないです。
役所関係とのかかわりってこちらの考えなどとズレたりするところが多々あって大変ですよね。
がんばってください!こちらもイロイロがんばろう、って思いました!
R.K
2006/09/03 19:52
>R.Kさん。
行政の中には、保全に関わった当事者が全くいないorきわめて少ないため、実際に現場に立っている私達と考えがズレてしまうんですよね。ただ、僕の方も役場に入ってから行政上の手続きなど色々と今まででは見えてこなかった物が見えてくるようになったので、そこらへんをうまく変換させていく必要はあります。何はともあれ、せっかくのチャンスなので、色々と勉強したいと思っています。
シゲ。
2006/09/03 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
保全関係の仕事。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる