学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 水鳥の視点。

<<   作成日時 : 2006/09/05 23:20   >>

トラックバック 0 / コメント 3

今日は、割り振りのお休み。
ちょうど先日K北野鳥センターのN君から、水鳥がやってくる前にセンター前の湖岸の状態をチェックするというので、手伝いにいってきました。
朝着いてみると、N君、Sさんなどスタッフとあゆバードさん達がおられました。

さっそく胴長をはいて湖岸にいってみます。
ちょうど水が引いてたんですが、あしもとにはヒシなどの浮葉植物や、ネジレモなどの沈水植物がたくさんありました。観察できたのは、ヒシ、トチカガミ、ネジレモ、セキショウモ、ヒロハノエビモ、ササバモ、クロモ、オオカナダモなどなど。やっぱり水草多いなぁ。
んでもって、ネジレモの花って、花茎もねじれるんだなぁ。

ふと、島で一呼吸。木の下ですわってみると、もうすぐやってくるオオヒシクイなんかは、こんな景色を見てるんだと感じました。しばらく水鳥の視線になっていると、B琶湖がすごーく広く感じるとともに、すごーく落ち着く場所だなぁと改めて実感します。木にセミの抜けがらがあるなー、と思って近づいて見たら、なんとコヤマトンボのヤゴの抜け殻だったことにはびっくりしました。

画像 画像 画像


いろいろとチェックしてまわり、水辺では、ヒメタニシ、カワニナ、タテヒダカワニナ、ハベカワニナ、ドブガイ、タテボシガイ、マルドブガイ、メンカラスガイなどを確認。あと、湖岸ではついでにカネタタキやオナガササキリ、ハヤシノウマオイなども見ることができました。いくらかは写真も撮れましたし満足満足。


その後、軽くお昼ご飯をたべて、Sさんたちがいる場所へ。
実はここ、ヒシやその他沈水植物が多く生育しており水鳥が多く集まる場所だったんですが、昨年からなんとハス(植物の方)が生えてきて、みるみるうちにこのあたりを占領してきました。これがすでに50m×30mくらいに広がってて、もうとりかえしのつかない状態になりつつあります。入ってみるとハスの下はヘドロが多く体積しており、底質の無酸素化が進んでいるのではないかと感じています。ハスは綺麗な花を咲かせて風景的には好まれる植物ですが、一旦こういった場所へ入ってしまうと他の植物だけでなく、水の中まで影響を及ぼす可能性がある種です。帰ってから色々と対策なども調べてみましたが、どうも具体的な対策がわかりませんでした。どなたか増えすぎたハスの水辺及ぼす影響や管理方法をご存知の方は教えてください。今後の動向を心配しつつ、場を後にしました。

画像


解散してからは、このあたりの排水路の魚類を調査したり、県内希少魚の生息地の状況を見にいったりしてから帰ってきました。途中には、めっちゃいい感じの川を見つけたり、カンタンを見つけたり。いやー、今日はよく動いたな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
せっかくのお休みなのに作業お手伝いご苦労様でした。
いつも見ている水鳥が、どういう風景を見ているのかがわかっただけでも大収穫な一日でした。
すっかり体力を使い果たしてしまい、この一週間ほどは気怠く生活してしまいました(笑)
土曜にはセンター前にヘラサギがやってきたのですが、数日前に自分があの場所にいたことがとても不思議で、でもうれしい感じでした。

また何かおもしろいことがやりたいですね。
あゆバード
2006/09/11 20:32
>あゆバードさん。
あの時はずぶぬれで、先陣を切ってくださりありがとうございました。
僕はあの場所に行ったのは2回目だったんですが、不思議と僕達ヒトも、水鳥になった雰囲気になりますよね。きっと普段センターから水鳥をみているから、それが羨ましかったのかなぁとも思います。
またセンターにも行きますね!!
シゲ。
2006/09/17 21:32
こんにちは、
ポストから一年半も後になってからのコメントで申し訳ありません。
ネジレモの写真で左上部に写っているのは、イトモ(Potamogeton berchtoldii Fieber)でしょうか?この、ちらっと写っているこの植物にとても興味があります。岐阜県や富山県で流水中に生えているのは見たことがありますが、B琶湖ではちぎれて浮いている流れ藻としてしか見たことがありません。
撮影されたところでは底に根着いている状態だったのでしょうか?
ビワコチビタナゴ
2008/03/01 12:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
水鳥の視点。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる