学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 自己休養日。

<<   作成日時 : 2006/10/03 23:15   >>

トラックバック 0 / コメント 5

今日は割り振りの休み。最近ほとんど休みを入れず動いていたので、身体と精神を休めるために勝手に休養日に決定。

という訳で、昨日見逃したSさんの写真展を見に行き、M市へ向かいました。
Sさんがこれまで20年あまり撮影されてきた見事な写真が並んでおり、大変感銘をうけました。おかげで、頭の中でぼやっとしていた企画展のイメージがだいぶ出てきました。

その後は、まだ花が残っているかと思い、近くのバイカモ群生地である川へ。
すでに相棒と化したOptioW20を使って、水中撮影にもチャレンジ。近くのおばちゃんが、「あんた、何カメラ水に浸けてんの!!」と驚くほどやはりカメラをそのまま水中へ浸けるのは奇妙な光景のようです。

画像 画像 画像

ついでに、この川でのハリヨの生息状況もいろいろとチェックすることができました。最近できてなかったので、ちょうど良い機会になりました。ハリヨの数はだいぶ減ってしまいましたが、ちょうど稚魚もいくらか見ることができ、その他の水生生物も色々と撮影することができました。

画像 画像 画像


さて、午後からは久しぶりにお鉄の旅。そう、ご存知の方も多いと思いますが、北陸本線・湖西線が直流化され、新型車両が導入されるため、交直両用電車を最後に乗り納めをしておこうという訳です。長浜駅でやってきたのは、475系。すでに長浜以北も直流化はされていたので、あのデッドゾーンでの切り替えもなく、ちょいと寂しい感じでした。近江塩津の待ち合わせでは新快速で投入される223系が試運転で敦賀からやってきました。やはりまだ違和感を感じます。接続のタイミングが悪かったため、敦賀に行くことができず、そのまま近江今津へいきました。湖西線に入るとかなり高い場所を走ってくれるので、かなり眺めも良く、快適な旅。ただ、走っていると水田地帯のところどころに怪しい水路が見つかるので、場所だけチェックしておきます。むむぅ、あんなところにあんなにいい水路があったとは・・・。今度調査しにいってみよう。

画像 画像 画像


そのまま電車で京都まで行き、久しぶりに紅茶の葉を購入して、さらに大津で下車。この前ナマズのTシャツを売ってた店で、また買い物してしまいました。今度はナマズのペンダント。ようし、これを魚類学会のネタにしよう。


いやぁ、ひさびさの休養で心も身体もリフレッシュできました。
明日からがんばろうっと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
リフレッシュできて
よい一日になりましたね〜♪

しかし、
鉄は多数派なのである意味フツーですが、
お魚専門だと
水路もチェックするものなのか〜。

ちょっとおもしろいと思った。
あひる@滋賀
2006/10/04 17:44
バイカモって春にしか咲かないと思ってた!
今森光彦企画のNスペ「映像詩・里山 命めぐる水辺」で
バイカモの映像を見てから、是非一度見てみたいと思ってます。
今度連れてって下さい!m(_ _)m
よしお
2006/10/04 18:55
水草って同じ様な花が咲くのか?
佐賀のクリークも一時期白い花が点々とあったけど・・・。
あれは何の花だったんだろう?

そういえば、この間来たとき、「白いかもめ」に乗れたの?
心配してたけど。

くらっち
2006/10/05 20:54
バイカモの川、すごくきれい!
育てるのは難しいんですよね。あんな風景が水槽に再現できれば…
でもすばらしい自然の風景は逆に水槽には再現したくなくなる気がしますね。すばらしすぎて。
R.K
2006/10/05 22:17
>あひるさん。
こういうのは一種の職業病です(笑)やっぱり、車窓からでも、魚のいそうな川とか水路を見つけちゃうクセがあるんですよ。でも、そういう場所って後から行ってもちゃんと魚がみつかるから嬉しいもんです。

>よしおさん。
だいたいバイカモはこの辺りですと6月〜9月頃に咲きます。意外に、湖東では身近な水路にも生えていることがあるので、まだ今なら間に合うかもよ!!現場へ急げ!!

>くらっちさん。
この前はありがとうございました。実は、オオカナダモやコカナダモもバイカモなどに良く似た白い花を咲かせます。うっかり間違える人もいるのですが、ひょっとしたら、それらの水草ではないでしょうか?
あっ、「白いかもめ」にはちゃんと乗れましたよ!!

>R.Kさん。
バイカモはけっこう流れがある場所に生えており、ずっと地面を這うような形で成長していきます。以前、博物館でハリヨを展示した際にバイカモを植えたのですが、流れの無い水槽では上へ上へと伸びてきて、なかなかあの美しさが再現できませんでした。やっぱり自然の中で生きる姿が一番だと感じています。
シゲ。
2006/10/07 02:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
自己休養日。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる