学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉というもの。

<<   作成日時 : 2007/01/14 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

無事に2日目がおわりました。

今日は朝から長崎に行き、平和記念公園、原爆資料館を見た後、
この前ちらっと行った長崎県立歴史文化博物館へ行きました。前回お会いして、お世話に
なった博物館のHさんが出てきてくださり、いろいろと解説をしていただきました。
Hさんの解説は、本当に地元の人物や歴史に焦点をあてて、それらの価値を高めようと
されておられる姿がひしひしと見えてきて、かなり熱い解説をしてくださりました。
学芸員としてとても参考になりました。

その後は、お昼ごはんにちゃんぽんや皿うどんを食べて、修学旅行コース、大浦天主堂と
グラバー園へ。中学2年の時以来なので、12年ぶりか・・・。めっちゃ天気がよかったので、
色々と写真をとりました。園内ではメジロが元気に木の芽をついばんでいました。


そして、雲仙へ移動。今日の宿は、雲仙温泉です。
着いたときから硫黄の匂いがしていました。

しばらく、地獄めぐりをした後、宿に戻り、温泉へ。
まずは、N次長とK参事とで内湯に入りました。

N次長「いやー、やっぱり温泉はええなぁ、しかも桧風呂やし。」

K参事「やっぱり硫黄が含まれてるし、体が癒されますねぇ」

シゲ。「こういう成分がたくさん含まれた温泉だと毎日掃除も大変でしょうねぇ」

K参事「それをきちんともたせてるんだからすごいよねぇ」

全員 「いやー、いい湯だ、いい湯だ。」

・・・その後、N次長とK参事は先に出たのですが、
一人になった脱衣所で何気に鏡の横にある張り紙を見てると・・・


「この内湯は温泉水を使っていません」




なぁにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!!!!!!!!



温泉って簡単に人をその気にさせることができたんだな、と思いました

夕食を食べた後、僕は露天風呂に行き、今度こそ温泉を満喫してきました
酒もおいしかったし、いい湯だった〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
結局、次長様と参事様は気付いていらっしゃるのでしょうか?
知らぬが…ううむ。
tel
2007/01/18 01:04
>telさん。
あ、一応伝えときました・・・。夕食時の笑いタネと酒の肴にはなりましたよ。
ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)が基本ですから(笑)
シゲ。
2007/01/18 06:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
温泉というもの。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる