学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 驚きのペットコーナー。

<<   作成日時 : 2007/01/21 23:51   >>

トラックバック 0 / コメント 4

ちょっと買い物があって、仕事終わってからViバへ。
目的のモノを入手してから、ちょくちょくと店内を徘徊していたのですが、中でも驚いたのが
○ィオのペットショップコーナー。

この前みたら、イモリ(普通のアカハライモリ Cynops pyrrhogaster)とか売っててひゃーっ!!こんなものまで!!と思っていたんですが、また種類が増えていました。奄美大島、沖縄に生息するシリケンイモリに海外モノのサンショウウオ、前足のみのウーパールーパーみたいなやつ(後にサイレン科の仲間とわかる)、ツノガエルの仲間・・・。

最近、ここ、だいぶ両生類色が強くなったなぁ・・・と思っていたんですが、
さらに、上の水槽ではもっと驚愕なものを発見。

クロゲンゴロウ 680円(だったかな?) 後日訂正:480円でした

・・・こんなものまで売ってるなんて。
解説が書いてあってよくよく読んで見れば、「近年は自然破壊などで減っている昆虫です。
なかなか見つかりません。もし見つけたら、その場所を店員にコッソリ教えてください・・・。」
とまで書いてあります。

クロゲンゴロウは県内では減少傾向にあると言われている中型ゲンゴロウの仲間です。それまでもがこうやって売買されているということにショックをうけました。県内で個体群はある程度維持されているとはいえ、地域によっては採集圧がその地域の個体群に影響を与えてしまうケースだって多いはず。一方では、販売された個体が他地域からの移入個体群であった場合、もし野外に投棄されるようなことがあれば遺伝子浸透などの被害の可能性もあるワケです。そのことをもっと理解してもらえる手段を考えねばと思いました。

あまりにも身近すぎる生き物まで販売されていたので、そちらに焦点が行ってしまいましたが、現在、最も深刻な被害が懸念されているのは、両生類、特にカエル類へ甚大な被害をもたらすと言われている「カエルツボカビ症」です。個々のところ、私の加入しているメーリングリストなどでも多くの情報が入ってきているのですが、この病気はひょっとしたら、日本のカエル類を本当に絶滅に追いやってしまう可能性のあるモノです。これまでアジアでは発症が確認されていませんでしたが、昨年日本で飼育していた外国産カエルから確認されてしまい、国内でも蔓延の恐れがでてきたワケです。WWF JAPANなど16団体が緊急事態宣言を共同で声明して、現在注意を促しています。

カエルツボカビ症緊急事態宣言:
http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/biodiv/alien/chyt2007/emgc20070113.htm

当然、今後、ペットや実験動物として外国産カエルを販売・飼育しているところから同様の症状がでてくるという可能性は捨てきれず、現在僕も色々とこの症状については勉強中です。いつ、「カエルがいっぱい死んでた」とか「ウチで飼ってたカエルが変だ」という話が飛び込んでくるかわかりませんし・・・。


身近な希少生物の販売、本来そこにいるべきではない生物の販売、そして今回のような驚異的な病気の発症・・・どこまで現場の販売者は理解しているのでしょうか。いくらシェアがあるとはいえ、生き物を扱う仕事。そろそろ、「ただ、売れれば良い」から、脱却して考える時代が来ているのではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
証拠は押さえましたか?クロゲンゴロウが希少動物であるという事実を別にしても,他人の所有地に侵入し,そこにいる野生生物を勝手に採取して販売するという行為そのものが公序に反しますし,そういう行為を助長する店頭掲示は店の信用を失墜させます。本社に通告すべきです。
m-urabe
2007/01/22 09:10
ほんまに何というか売る側も、買う側もしっかり勉強して取引してもらいたいものです。ちなみにどこのディ○ですか?

ネットではさらに非合法な生き物や、稀少生物がトレードされていますね。シャープゲンゴロウモドキも売られてた。。

ところでわたしは、地元の知人が働く店で、サイレン手に入れました。系統的にとても興味深い形態ですなあ。サイレンは神話の「セイレーン」が語源らしいです。
おーぶち
2007/01/22 18:56
そうですね。ただ売れればいい、だとダメです。命は金儲けに目がくらんだヒトにはモノにしか見えなくなる気がします。ボクらの使命ややらなくてはいけないこと、活動、痛感します。
R.K
2007/01/22 19:44
>m-urabeさん。
確かに店頭の解説にこのような事を書いていては誤解を生みますし、条例でしばりがないとはいえ、問題が多々ありますよね。希少野生生物保全の委員として県と相談して色々と動いてみたいと思っています。

>おーぶちさん。
私の一番近いところの店ですよ。最近、本当に見ててびっくりするようなモノが売ってるケースが増えました。でもネット上ではこれら以上の取引があるのもよく知っていますし、これほどまでにこういう業界が広がってしまった、というのも悲しい気がします。

>R.Kさん。
そうなんです。多くの人と接し、そして多くの生物の生命を預かっている仕事をしている私達だからこそできることってありますよね。水族館や博物館でこういう出来事を地道にそして時には派手に周知していく必要があるのかもしれません。もはや歯止めがきかない状態になりつつありますから。
シゲ。
2007/01/23 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
驚きのペットコーナー。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる