学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しい時代の博物館制度の在り方について。

<<   作成日時 : 2007/04/05 23:56   >>

トラックバック 0 / コメント 6

今年度は年度しょっぱなから企画展をやろうということで、今日は週末から始まる企画展の
準備です。んでもってさらに週末には昨日下見に行った観察会もあるので、準備が大変です。
ひゃー!!

今回はTさん企画のもと、僕は副担当でやってるのですが、なるべく2人で予算を削ろうということで、館内にある残骸をうまく使って展示物を作っていきました。のりパネも昔使ったヤツの裏面使用。中身もあり、かつかなりコスト削減に成功しました。
明日にはなんとか形ができるでしょう。


で、そんな合間に別件の回議書を作ったり、今年度初めて担当する博物館実習の募集要項案を作りました。学芸員も少ない博物館で、受け入れ人数も非常に少ないのですが、これまではけっこう内容がハードな実習だったので、やさしくできる所はやさしく、厳しくするところは厳しくした内容にしました。個人的にはなるべく地方博物館の現状やあり方を体感してもらいながら、将来の学芸員として必要な知識・経験を積んで欲しいということ、そして僕自身が博物館実習(B博で6年前に受けた)をしたときに物足りなかった部分などを加えて実習を進めていきたいと思っています。


で、そんな学芸員課程などにもかかわってくるのですが、3月30日に文部科学省が進めてきた「これからの博物館の在り方に関する検討協力者会議」が「新しい時代の博物館制度のあり方について(中間まとめ)」を発表し、それに対するパブリックコメントの募集を開始しました。
くわしくはこちら

中間まとめは博物館の現状を踏まえた上で1.博物館の定義、2.博物館登録制度の在り方、3.学芸員制度(資格)の在り方について議論されているほか、運営に関する諸問題(指定管理者制度等)について議論がされており、それに関する統計資料も参考資料として用意されています。

いずれの課題も、どこの館もが直面している問題であり、これからの日本の博物館を左右する大きな時期といえます。正直、上の方(国とか県とか)のレベルでの博物館の議論というものは、なかなか私達町村の博物館には実現が困難だったり、また議論に加わることすらできないことが多いのが現実です。しかし、こういう博物館の方が国内には多いのも事実です。そうした現実を踏まえて、規模の多層性をもった議論をしていかないと、結局中央集権的な法改正になってしまう可能性もありますから、そこら辺を中心に僕自身は意見をするつもりです。

今年度末にある学会でも、「ちっちゃな博物館」でどう研究に立ち向かうか?という自由集会をやろう考えていますし、これから町村レベルの博物館を盛り上げていくためにも少しずつ努力していこうかなと思っています。


興味ある方、ぜひぜひパブリックコメントへをよろしくお願いします。締め切りは4月23日です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
中間報告をスキャンしてみたら「お金は出さないが口は出す」中央省庁の事務組織による現場締め付け、という印象でした。
日本の自然史博物館の現状:基本的な貧困状態と見世物小屋状態の同居には、一般的な科学教育の貧困を反映させていると思います。
パブコメは環境アセス同様に行政のアリバイ用にされることが多いのが現状であって、行政側の案が出来てから後で一般意見を反映させるのはとても困難ですね。
beachmollusc
2007/04/06 07:51
学芸員の卵”・・・とは誰も思っていないけど  
        シゲさん、ちっちゃな博物館を背負って頑張ってネ(^^)
もりぴー
2007/04/06 09:36
なんだかT博物館はシゲさんでまわっているような気がします・・・
シゲさんが勤務するようになって気にするようになったからなぁ?
アキコ
2007/04/06 15:49
僕らのような小さな博物施設だからこそやらなきゃいけないことや使命がありますよね。それを見てくれない、見ない、見えない、考えない、、、つらいことですが、それが現状。変えたいですね。
がんばりまくりましょうね!
R.K
2007/04/06 20:38
>beachmolluscさん。
確かに、パブコメで内容が大幅に変わるってことはないでしょうね。
実は、以前にこの委員になっておられる方の話を聞く機会があったのですが、やはり中央省庁は数字とかデータとして「見えるモノ」ばかりが評価対象となり、私達が努力している「見えない価値」というものがどうしても抜けていることが問題である、ということもおっしゃってました。こういう見えない価値をどうやって評価に結びつけるのか、それは中央でも地方でも課題になってくることだろうと思っています。

>もりぴーさん。
やっぱりちっちゃな博物館ってのが多いですからねぇ。
そういう博物館からも色々な意見が上に向かって発信できるようになればなぁと日々ネタを考えています。また良いアイデアがあったら、教えてくださいね!!
シゲ。
2007/04/07 23:43
>アキコさん。
たっ、多分気にするようになったからだと思いますよ(汗)
まあ、何はともあれ、僕自身はもっと視点を町内だけでなく、外に向けて
発信して行きたいなぁと思ってます・・・。そのためには少しは目立つ
パフォーマンスも必要なのかもしれませんね。

>R.K.さん。
そう、小さい施設だからこそできる場面、頑張らなくてはいけない場面ってのは博物館業界ではかなりあると思うんです。そこをうまく上のクラスの博物館と連携をとって、やっていきたいですよね。お互いに頑張りまくりましょう。あ、そっちのコミュ、入らせてもらいました。
シゲ。
2007/04/07 23:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
新しい時代の博物館制度の在り方について。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる