学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 弁天様とご対面。

<<   作成日時 : 2007/06/25 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝から雨が降ったり止んだりしていたんですが、なんとか明るい間に田んぼで
仔稚魚の調査ができました。やはり先週と同じくベビーラッシュですな。

で、夜になり、一旦家で夕食をとったあと、
昨日からの雨で琵琶湖の水位が上がってきたので、もしや・・・と思いホタル調査を終えてから
とある場所に向かいました。

そう、琵琶湖の主に会いに。


現場に着くと、ちょうどギル人さんとすれ違ったのですが、どうも今日は不発とのこと。
でも、イワトコナマズだけはちょくちょく来ていました。
じっくり産卵行動を観察していると、やはりビワコオオナマズ等とも違います。
頻繁に岩の隙間に隠れ、どうもそこで産卵をしているようです。

いくつかは、アルビノに近い個体もいました。
イワトコナマズはけっこうな割合で、アルビノ(黒色色素が欠乏して黄色っぽくなった個体)が
観察されます。これまでも、黄金のナマズと称され、時々新聞記事になったりしていますが、
多くはイワトコナマズ、時にビワコオオナマズや普通のナマズの場合があります。

このアルビノのイワトコナマズは竹生島に弁天様が祭られており、この付近でよく網にかかる
ことから、漁師さんたちの間では弁天様の使いとして、ベンテンナマズと称され、大切にされて
きたと言われています。

ちょうど、カメラを構えているとこのベンテンナマズが足元の石にスーッと入り込んできたので、
今回は写真を撮ることができました。本当は1枚決定的なシーンがあったのですが、急に
ダッシュしたため、頭だけが切れてしまいました。残念・・・。
完全なアルビノではありませんでしたが、初めてすぐそばで見る事ができました。

画像 画像


結局この日は、数個体のイワトコナマズの産卵が確認できたのみでした。
でも、なかなかイワトコナマズの産卵行動もこれまで観察できなかったので、よい機会になりました。
また水位が上がればしばらくこの場所への通いが続きそうです。

ぼちぼち、ヒメボタルも出始めるし、また夜は忙しいなぁ。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
弁天様とご対面。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる