学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 川で授業。

<<   作成日時 : 2007/06/05 23:52   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日は、町内のO小学校の4年生を引きつれ、川の生き物の観察をしてきました。
毎年4年生恒例となった地元の川をテーマとした総合学習の時間なのですが、
今年の4年生は、昨年からずっと理科などの授業で会っていた子ども達ばかりなので、
もうすっかり仲良しです。

シゲ。「魚、とりたいかーっ!!」

4年生「おーっ!!」

こんな会話にもどんどんついてきてくれます。。。

で、さっそく学校から徒歩10分の現場について、まずは軽く諸注意と魚のとり方、
網の使い方などを説明。

シゲ。「よし、行けーっ!!」

の合図で、子ども達は一斉に川に入って行ったんですが、
1分もたたないうちに、

生徒A「先生!!ドジョウらしき魚が入りました!!」
生徒B「先生!!なんだか知りませんが、細長い魚がたくさんとれました!!」
生徒C「先生!!石をひっくり返したらハゼみたいな魚がとれました!!」
生徒D「先生!!赤いナマズみたいなのがとれました!!」

早ぇ、早すぎるよ、今年の生徒達・・・。
開始5分すぎですでに魚の種類は5種類。これまでにないハイペースかつ、
網さばきが上手すぎます。

結局、魚はカワムツ、タカハヤ、ウグイ(←初めて2歳魚がとれた)、アジメドジョウ、
アカザ、トウヨシノボリの6種。
アジメドジョウやアカザがいとも簡単に出てくるところがこの学区のすごいところです。

結局、一人最低1回くらいは魚は自力でとっていたみたいですし、
それ以外にもカジカガエルつかまえたり、色々な水生昆虫捕まえたりして、
かなりの成果があがりました。
いやあ、今年の4年生は優秀ですわ。

今回はこれらとれた魚と生息環境の対応などを説明したのですが、
今後は学校に学区内の水族館を作っていく予定。
博物館としては水槽などの機材の提供を行ない、さらにパネルの作り方、
飼育方法などを指導していくつもりです。

そしてそれらの成果をまた博物館でも展示してもらう予定にしており、こういう形で
地域の小学校との連携、そして環境教育の研究としても発展性を持たせて進めて
行きたいと思っています。

何より、子ども達が地元の川の良さと楽しさに気がついてくれるきっかけになればと
願っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日だったか、テレビでO小学校の生徒が川で生き物探ししてるのが映ってたよ。
もしかしてこれだったのかな?
うまみ
2007/06/06 19:24
>うまみさん。
残念ながらこの授業のときにはTVも来てなかったし、多分違うと思います・・・。最近はどこでも生き物探しってやってますからねぇ。問題はそれがただの生き物探しだけで終わらないように・・・というのを毎回ニュースを聞くたびに願っています。
シゲ。
2007/06/09 08:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
川で授業。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる