学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 世代をつなぐ授業。

<<   作成日時 : 2007/07/02 23:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

午前中はT小学校で川の総合学習の授業。
今日は、前からお願いしていた地元の方に昔の川の様子や川での遊び方などを
教えてもらうという初めての取り組みを行ないました。
かつてから、このような授業をやりたかったのですが、K先生のご理解とご尽力で、
やっと念願かないました。

天候の悪い中、いつも写真や川の会などでご一緒させてもらっているSさんが来てくださり、
現在行なっている川を守る地域活動の話、昔の川での魚つかみのやり方、そこでとれた
生き物の話をしてもらいました。どちらかというと僕自身も聞き手役に周り、メモしてました。
よく考えたら、ビデオとかもってくればよかったなー。

一通り全体で説明してもらった後は、各グループに分かれ、昔の川の様子を調べる班が
さらに用意していた質問に答えてもらいます。つかんだ魚はどうしたのか?そして昔は
どうやって川へ降りていたのか?今の生活様式ではほとんどなくなってしまったのですが、
カバタと呼ばれる台所のそばで川の水が取り込めるようになっていた洗い場があったという
話などを聞いていると子ども達から「へぇーっ!!」と声があがります。
このような古き良き時代を子ども達に語ってくださるSさんも輝いているように見えました。
こっちがちょっと仕組んで質問を用意した「なぜコイを放すのか?」という質問はさすがに
たじたじだったようですが(笑)

僕は他の班の指導で、別の教室に行き、色々とまとめの指導をしていたんですが、
話が聞けた生徒達は後で満足げに帰ってきました。


生き物班、水質班、昔の生活班など多彩なグループが出揃った今回の4年生。
その成果をまとめるべく、今年は生き物図鑑を作ったり、魚の生態パンフレットを作ったり、
新聞を作ったりと個性あふれる作品がそろってきました。
この後発表会が終わると、その成果を地域の人に見てもらおうとまずは地域の公民館で
しばらく展示し、その後駅前で展示を行ないます。そして最後は博物館に展示して、その
成果と生徒達のメッセージを広く伝えて生きたいなぁと思っています。

来週は、いよいよまとめとディスカッションの時間。
5月からはじまったこの総合学習で感じた子ども達の純粋な考えが聞けるかな、と
今から楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世代をつなぐ授業。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる