学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ福井へ。

<<   作成日時 : 2007/07/03 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日に続き、おいかわ丸君、ふぇいふぇい君、K君にのりたまん君を加え、今日は5人で
サンプリング&福井へハスの標本調査に行きました。

道中は様々な爆笑話で盛り上がりながら、ところどころの道の駅で
調査?も兼ねた鮮魚のチェック。あまり今回は面白いのがありませんでした。

まずは、ハスの産卵をと、目的地の川へ着き、橋の上から観察します。
この前はあまり遡上していなかったのですが、今日は多くのハスが遡上しており、
上からなわばり争いや産卵をじっくりと観察することができました。
ちょっとした時間でしたが、いろいろと行動を観察していると面白い事が分かってきて
ふぇいふぇい君の研究のアイデアも浮かんできたのではないかと思います。

また、運良く漁協の方とお話する機会にも恵まれ、いろいろと情報をもらいました。
アユに混ざってハス、ニゴイ、オイカワなどが漁獲されるそうなのですが、不思議な事に
ここ2〜3年はニゴロブナがよく漁獲されるんだとか。僕のやってる水田魚類研究と何か
関係があるのかな?
さらに、サンプルまで提供してくださり、僕はそのニゴロブナを、ふぇいふぇい君はハスを
頂くことができました。ありがとうございます。

そして、おいかわ丸君が狙っていた魚種を目指して、さらに道中に途中下車し、水路へ。
僕はその間にフナずしを買いにいってたのですが、帰ってくるとご満悦のおいかわ丸君が
いました。どうやら狙いのモノはとれたようです。

で、やっと福井へ。残念ながら時間の都合上、三方湖はまた今度ね。
車を走らせる事約1時間半で、福井市立自然史博物館へ着くことができました。
ここには、貴重な福井県産のハスの標本が収蔵されており、ふぇいふぇい君の研究のため、
それを皆で測定したり、撮影したり。僕はほとんど見ているだけだったんですが、Q大+
のりたまん君、僕の急造チームでなんとかデータをとっていきました。
「うわぁ、この個体カワイイ!!」「なんか、体がスリムだよね」と各個体ごとにリアクションしていく
このメンバーを見て、学芸員のNさんはどう思ったでしょうか・・・(汗。
測定が終了してからは、魚類の収蔵庫を見学させてもらってみんな大興奮。
いろいろとありがとうございました。

その後、また滋賀へ戻ってきて、残りの必要な魚類を採集。
タモロコやヤリタナゴなどほぼ狙っていたものが採集できてなんとか任務完了しました。
僕個人も、淡水二枚貝の新しい生息情報が手に入り、かなりラッキーでした。


夜はせっかく九州から来てもらったので、ウチの大学研究室メンバー+αと交流会。
なんかブラックな話題あり、魚ネタで盛り上がったり、マニアックな話題で盛り上がったりと
かなり楽しいひとときをすごすことができました。

満足のいく、採集遠征になったようで何よりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ福井へ。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる