学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS これが・・・大阪のノリなのか・・・。

<<   作成日時 : 2007/08/17 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

という訳で、今日は厚生休暇の日。
昨日は結局出かけることができなかったので、今日は県外の館を視察にと、
大阪方面へ出かけてきました。

朝、めずらしく出勤時間よりも早い電車にのって、ぶらぶらと大阪、そしてさらに南下。
まだ行ったことのなかったきしわだ自然資料館へやってきました。

はいってすぐに、淡水魚と海水魚の水槽が並んでおり、色々な生物が展示されています。
そして2階の常設展示は、ぐるっと一回りすれば岸和田の自然がわかるように、自然の歴史、
生息している生物、そして人間との関わりについてが詳しく展示されていました。
研究室っていうコーナーがあったり、打ち上げの貝を砂浜からみつけるコーナーなども
あったりで色々と、ウチのこれからの展示の参考にもなりました。

画像 画像 画像


また、ここの博物館は企画展の図録や研究報告等の出版物も色々と出されており、
私達が見習わなければならぬことがたくさんです。ちょうど、研究報告も、1号が無料頻布
されていたので、もらうことができました。
で、名前を書いたところで、これまで標本のデータベースなどの会議でご一緒だった学芸員の
Hさんと御対面。今日はお忍びで・・・ということも含めて少しの間ですが、お話をさせてもらい
ました。また、時間を作って今度は、標本整理や友の会運営のことなどもお伺いできればと
思っています。そうか、来月にはだんじり祭りもあるんですねぇ。


で、次に向かった先は、茶狸さん、soishidaさんのおられる大阪市立自然史博物館
そう、あのキョーレツなチラシをつくっている、「世界一のセミ展」を見に行きました。

展示の中身も・・・キョーレツだった。
一言でいうと、とっているデータや情報もすごいんですが、やはりそれを一般の人に魅せる
というテクがずばぬけていると思います。「んなアホな!!」が現実になっている展示っていうのは
大阪ならでは、ということでしょうか。ところどころに置いてある小物とか、パネルの手法とかが
かなり僕的にハマりました。

画像 画像 画像


で、せっかくなので、茶狸さんの研究室へお邪魔。ちょうどSクマさんもおられました。
soishidaさんは、実習中とのことでちょいとお会いできました。
色々とこの展示にまつわる秘話などを聞いていたのですが、その中で出てきたブツ・・・。
アブラゼミのかぶりもんと、セミの天敵のかぶりもん。で、その一つ、ヒヨドリがこれ。

画像


これ、放送できますか?

といわんばかりの作品だった。友の会の方が作ったそうで。。。
やっぱり規模が違うと出てくるモノも違ってくるんだなぁ・・・。

ついでだったので、あたらしくできた常設展示も見てきました。何か雰囲気が違う・・・。
色々と展示をみたり、話を聞いたりもしましたが、アウトプットの仕方が非常に上手だな、
と感じました。ウチは今まで色々と内面的でストップしていることも多いので、ぼちぼち殻を
やぶって博物館活動のアウトプットを実践してみるべきかな、と思っています。
色々とコテコテ大阪の研究室の雰囲気とパワーをもらうことができました。
学芸員は「学」と「芸」の両方を備えなければいけないので、僕もだいぶ「芸」を磨いてきた
つもりですが、まだまだでした。


夜は、さらにZゼで途中下車してひでき丸さんのお店で紅茶をいただきました。
ついでに蜂蜜試食大会になったり、mixi話で盛り上がったりしました。
ごちそうさまです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これが・・・大阪のノリなのか・・・。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる