学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS ため池調査。

<<   作成日時 : 2007/08/06 23:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は、休館日なので、ひさびさにフィールドに出てみようと、
N君、M君を誘ってかねてから調査をしたかった隣のH市とN市のウチの町内のため池を
調べる事にしました。

H市の方は、僕が圃場整備の関係で保全事業に絡んでいる地域で、
平野部の放置水田に一箇所だけぽっかりと、水たまりのような池があります。
園芸種と思われるスイレンが大量に生育しるのは問題なのですが、メダカが多くここに
生息しており、圃場整備の関係で池自体がなくなることから、地元の方々がすぐ近くの池へ
移動させる予定になっています。先週は案内だけしてもらったのですが、今回は水生昆虫も
含めて実際に入ってみました。

メダカはたくさんいますが、この他は、ヒメガムシ、ヒメゲンゴロウ、ゴマフガムシ、キイロヒラタガムシ
といった水田地帯おなじみのメンバーがでてきました。このほか、N君はチビゲンゴロウをみつけ、
僕もホソセスジゲンゴロウなどを発見。貝類はナガオカモノアラガイがたくさんいる中、
1個体だけ、カワコザラガイも見つけたのですが、また後で出て来ると思ってポイッと捨てたら、
それ以後まったく発見されませんでした・・・。しまった。

その後、移植先の池もモンドリを仕掛けて調査してみたのですが、ここは先週見掛けた
メダカ、ドジョウ、ハイイロゲンゴロウ以外には特に何も目立った種はおらず。何かいそうな
オーラはでてたんだけどなぁ・・・。

さらに夕立ちに見舞われた後、ウチの山間部にある町内のちいさな池も行ってみることに。
あらかじめ、地元の区長さんには調査の許可をもらっていたのですが、通りすがりに見に来て
くださり、色々と話をしながら調査ができました。池はフトヒルムシロが繁茂して水生昆虫が
よさそうな池。マツモムシやミズカマキリがとれる中、最初にM君が魚をゲット!!よく見ると
フナ類でした。形態からすると、ニゴロブナのようにもとれるし、ギンブナのようにもとれる・・・。
区長さんは、ずっとフナとか入れたという話は聞かんなぁと言いながらも、山間部のため池での
ニゴロブナ移入の可能性もあるだろうし、また詳細な調査が必要だと思いました。

何はともあれ、ここではトンボの幼虫類などもけっこう採集できました。
で、調査が終わったら、みんなの腕がところどころに軽く出血・・・。
そう、ブユ(ブト)にやられたのです・・・。最初はちょっとかゆいだけなのですが、
みるみるうちに腫れ上がり、かゆくなってきました。もうみんなの手がボコボコです。
僕も6箇所やられました・・・。その後は、薬局へダッシュして、とりあえず虫刺され薬で処置。
なんとかその場は乗り切りましたが、最後に大変なオマケまでつけてしまいました。

何はともあれ、ちょっと魅力的だった3箇所のため池の調査が終わりました。
その後は、3人でラーメンを食べ、さらに夜の昆虫採集にも出かけたんですが、この日は
空振り。色々とデータを集めることができました。N君、M君、遅くまでありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ため池調査。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる