学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS ため池調査。

<<   作成日時 : 2007/11/05 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 1

休日を利用して、ため池で調査。
実際、フィールドでこうやって調査するのは2ヶ月ぶりです。
ああ、なんて楽しいんだフィールド調査。

まあ、昨日の情報としてコイ、フナ(ヘラブナ)、ブルーギル、という情報は得ていたのですが、以外に何がいるかなー、と思いながら調査。まずは干上がった箇所の水溜りを半分泥に埋まりながら調べていくと、モツゴとトウヨシノボリをGET。その後は、モンドリを仕掛け、ひたすら投網をなげていったのですが、ひたすらブルーギルでした。ちょうど別のウワサがあったのでF・B君にも来てもらったのですが、残念ながらそちらのネタは拾えず。昼にはmixiのとある話題で小学校時代の思い出話に花が咲きました。

昼食をとり、午後から再び来てみると、フナの回収をしておられた業者の方がちょっと変わったのがいたから、と魚をキープしてくれていました。見るとなんとビワヒガイ。おいおい、こんなところにおったんかい。

ひたすらその後も投網を投げたのですが、ブルーギル9割、にモツゴ、フナ(これはギンブナだと思う)、トウヨシノボリが混ざるだけ。最後に暗くなってきたのでモンドリを回収すると、大量のギルの中になんと1個体ビワヒガイが!!やっぱり偶然ではなかったようですね。どういう経路でここへ入ってきたかは不明ですが、まさかこの釣堀だった池から町内初記録となる魚がでてくるとは思ってもいませんでした。とりあえず、今回の調査で、この池は、コイ、ヘラブナ(一応1種としておこう)、ギンブナ(だと思う)、モツゴ、ビワヒガイ、トウヨシノボリ、ソウギョ、ブルーギル。昔はウナギも釣れたらしいですが・・・。頑張ったけど、オオクチバスはとれませんでした。
貝類はヒメタニシとドブガイ、あとハブタエモノアラガイ。その他、ウシガエル幼生2個体、水生昆虫として、オオヤマトンボとコヤマトンボの幼虫が1個体ずつ。

これでずっと狙っていたこのため池も念願かなって無事調査完了。
移入種だらけですが、ある程度の成果を得ることができました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
平成天皇が皇太子時代にブルーギルを日本に入れましたという告白がニュースになっていましたね。外来種が栄えて在来種を圧迫しているのか、それとも在来種が人間に圧迫されて消えた隙に栄えているのか、場所や種類によって経緯・状況は違うでしょうが、どうも外来種の多くは濡れ衣を着せられているのではないかしら、という疑いを持っています。ブルーギルは本当に悪者でしょうか。
beachmollusc
2007/11/13 17:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ため池調査。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる