学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 研究発表の場を準備する。

<<   作成日時 : 2008/02/01 23:34   >>

トラックバック 0 / コメント 3

来月末に予定している研究発表会でいろいろな人に話題提供を呼びかけたところ、
予想を超える応募があり、担当としては嬉しい悲鳴を上げています。

僕が入った当初はそういう行事がなく、学芸員ですら自分のやってきたこれまでの成果を
町内をはじめ地域の方々に知ってもらうチャンスがなかったし、そもそも発表する気すらない
(というか調査研究する気がない)人もいたので、そういう人をつるし上げて巻き込んで
発表の機会をつくること、そして博物館を利用して調査研究している人達の成果発表の場をつくること、
最後にウチの町をフィールドにして研究している研究者や学生に、学会などではなく、もう少し
噛み砕いた発表をしてもらい、地域の人に還元してもらいたいということがあったので、
昨年からはじめてみました。

逆に地域の人達や行政の人達にはこんなにウチの町で調査研究している人達が
いるということ、そして博物館がそういう情報の発信ツールと研究も博物館活動の重要な
部分であるということを知ってもらいたいという想いも多く、こういう双方向のやりとりができる
場として機能をさせていきたいと思っています。いずれはこういうのを文字にまとめて研究報告
という形で刊行させたいというさらなる野望もありますが。

昨年もいろいろな参加者がきてくださり、けっこう盛り上がったので、今年は発表題数も
増やして、さらに夜には懇親会も企画。ある先生から「酒のない懇親会は懇親会ではない」
という話ももらったので、きちんと酒ありの2次会まで計画しましたよ。

まずは、発表者とプログラムの調整に入り、広報作戦を練って、
さらに月末になれば要旨の作成に入らないと・・・。そして、肝心の自分のネタに関しても、
本業の水田生態系の話は、ここではできないので、博物館でやったホタル調査か環境教育の
ネタの準備することになれば、またドタバタしてしまいそうです。

良く考えたら、この間にさらにシンポジウムと生態学会での発表が入るんだな・・・。あちゃー。
今年は風邪もうかうかひいてられそうにありませんな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
九州に来るときにはうちへ寄るように計画立ててね。
くらっち
2008/02/02 08:55
昨日とどいた生態学会プログラムで名前見つけました。
頑張ってください。僕は行けるか分かりません。
九州来るときは阿蘇へ寄るように計画立ててね。
よしお
2008/02/02 09:08
>くらっちさん。
うう、立てたいところだったんですが、休みの日程で、今回は佐賀は通るだけになっちゃいました・・・。ごめんなさい。

>よしおさん。
今回は、企画集会、そしてポスター発表があります。ひょっとしたらシンポでもコメント求められるかも。。。色々と準備が大変そうですが、何とかクリアできるよう頑張りたいですね。阿蘇へは。。。無理です。ごめんなさい。
シゲ。
2008/03/10 04:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
研究発表の場を準備する。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる