学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヌマムツとカワムツ。

<<   作成日時 : 2009/01/16 23:29   >>

トラックバック 0 / コメント 8

おいかわ丸さんのブログで教えてもらっていたのですが、
日本産を含む台湾、韓国、中国のZacco属、Candidia属、Parazacco属、
Opsariichthys属の分類と再検討に関する論文をやっとチェックしました。
(最近、こういう論文の最新知見にうといので・・・おいかわ丸さん、また教えてね)

詳細はおいかわ丸さんが解説していますので、割愛しますが、mt-DNAのD-loop領域の
塩基配列、形態の解析によると、従来のZacco属のうち、日本産のオイカワと
カワムツ、ヌマムツが大きく分かれています。そこで、カワムツ、ヌマムツには
Nipponocypris属を新設して学名が変更されています。
この属名、まあ、確かに訳せば「日本のコイ」だが・・・。

ということで
カワムツは 学名:Zacco temminckii → Nipponocypris temminckii
ヌマムツは 学名:Zacco sieboldee  → Nipponocypris sieboldii 
ということが提唱されています。

よくみたら、この2種、滋賀県でサンプリングされてますな。Kyo大のW先生やK君の
名前も。謝辞にはKin大のH先生の名前もあったし(何故かKyo大になってた・・・)、
しっかりと議論はされていると思います。
僕の今書いているやつにもカワムツ、ヌマムツが含まれているので、
学名をどうしようかなぁと悩んでいますが、もう少し様子を見てからにしようと思って
います。。。まだ魚類学会の学名変更のサイトにも掲載されていないみたいですし。。。

あまりにも一般種だから、みんな今書いてる論文や報告書とかで
同じように悩んでるんだろうな・・・


個人的にはOpsariichthys属(ハスなど)は台湾なども含めて
かなりアツい分野だと思うので、もう少し突っ込んでいろいろとやってほしいなぁと
思っています。今回は琵琶湖のやつだけだったので、三方五湖産(まだいるのか?)、
コウライハスなんかの関係も気になります。

そういえば、台湾の淡水魚といえば、
台湾淡水魚類原色図鑑の続きってどうなったんだろう・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
僕が調査してる植物にも分類が良くわかっていないのがあって、DNA読んで整理したいんですよね。ロシアのサンプルがネックですが…。
Ramza
2009/01/17 11:38
こんばんわ〜

こんなに勉強になるブログは初めて見ました
こまめに見れるのもブログのよさですね。

論文が・・もっと英語を勉強します
S.japonicus
2009/01/17 22:22
学会サイトの学名ページ,更新されたよ.
くろどんこ
2009/01/21 01:11
>Ramzaさん。
遺伝的な解析方法が主流になってから色々と分類学的な整理で新しい知見が得られるようになってきましたね。それにつれて学名なども整理されてくるのは良いこともでもあるのですが、なかなかその変更を知る機会がないのとその学名の有効性については分類学シロウトの私にとってはまだわからないことが多いです・・・。

>S.japonicusさん。
たまにはこういうアカデミック(!?)な話もするようにしています。何せ、自分の勉強のためでもあるのですからねぇ。なかなか自分で最新の論文を見つける、ということが難しくなっていますが

>くろどんこさん。
あ、ホンマですね。ありがとうございます。
こういうコーナーが学会HPににあると、さっき言っていたような学名についての最新情報を得ることができるので、ホンマに役立っています。
シゲ。
2009/01/28 00:36
分類学に系統学的な手法が当たり前のように使われるようになって、めまぐるしく変わってるみたいですからね…。

DNAを見てわかったインパクトのある記事が新聞に載ってましたね。

深海魚の3つの科が実は一つの種のオスとメスと稚魚だったという話。
科レベルで実は同じ種でした!なんて深海魚っておそろしいなと思いました…

asahi.com(朝日新聞)↓
姿は違うが…親子と判明 3科の深海魚、DNAほぼ一致
http://www.asahi.com/science/update/0124/TKY200901240035.html
Ramza
2009/01/29 23:25
>Ramzaさん。
このニュース、ホンマにびっくりしましたね。オスとメスと稚魚で形がこんなに違うなんて・・・。そしてそれがDNAの解析研究で明らかになるって、とても夢のある話だと思います。
僕も少しずつ分子生物学的手法について勉強していますが、まだまだ論文を理解するのが精一杯で、今はとても自分ではやろうとは思いませんねぇ・・。やっぱり私はフィールドでサンプル集める方が良いです・・・。
シゲ。
2009/02/13 05:42
はじめまして.
現在,某大学院でカワムツの系統地理学的な研究をしています.
僕も学名変更のあおりをモロに受けました(^^;)
やっしー
2009/08/09 11:52
>やっしーさん。
はじめまして。カワムツの研究をされているのですね。。。
それはこの問題はモロに影響しそうです。。。私はとりあえず魚類学会の
HPでも変更が掲載されましたし、しばらくはこの新称を使おうかと
思って、原稿も書いています。。。
狭い世界ですし、私は久々に秋の魚類学会に行って発表もするので、
またお会いすることがありそうですね。楽しみにしています。
シゲ。
2009/08/28 23:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヌマムツとカワムツ。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる