学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 青森 → 生態学会1日目。

<<   作成日時 : 2009/03/17 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

というわけで、寝台特急日本海の中でひたすらPCと向き合い、
電池切れになったあと、少しは寝ることができました。この時点で
初日の自由集会のパワポ完成率40%・・・

その後、日本海は青森に到着。いくらか停車している鉄道を撮影してから
とりあえず最初の目的地だった、青森県立郷土館へいってきました。
さすが県立の総合博物館というだけあって規模も大きい博物館。
展示は企画展も含めて、いろいろと充実していました。各展示コーナーをめぐる
スタンプラリーがあったり、学芸員の解説ペーパーなどが置かれていたりして、
いろいろと資料的なものも充実していました。
あと、さすがと思ったのが青森県なので、りんごの産業などの展示があったところ。
そして、体験情報コーナーの充実さ(中身、人員配置など)はびっくりでした。
本当はいろいろとやってみたかったのですが、追われているものがあったので、
コーナーにいたお姉さまにニッコリ挨拶しただけでスルーしてしまいました。

一通り展示をみたあと、受付のお姉さんの許可をもらって、その横にあった
ベンチでPCの充電+自由集会のパワポ作り。この間、来館者は私を含めて
3人だったことが悲しいことでしたが、平日の午前中はどこもこんなもんなんで
しょうか。その後、必要な図録を購入。

なんとか形になってお昼ごはんを食べに青森市内へ。
たまたま、いわしのてんぷら定食が食べられる店を見つけたので、
そこへ入り、またPCを充電させてもらいながら、ご主人としゃべっていました。
めっちゃ面白い人で、ずいぶんこちらの魚の話や琵琶湖の話で盛り上がりました。


さて、ここからは白鳥→はやてのリレーで盛岡入り。
車内で、ある程度パワポは完成し、いったんホテルにチェックインしてから
会場に向かいました。時間は1時間半くらいあるし、バスに乗っていけばいいや、
と思っていて、学会に向かう人たちの行列に混ざっていましたが、待てども待てども
バスは来ず。25分くらい待ってやっときたのですが、そこからまた道が混んでいたりと
だんだん自由集会開始の時間に近づいてきてしまいました。
会場についてから最後の仕上げと思っていたパワポもこの車内で仕上げ、
隣の人から「大丈夫ですか?」と心配されつつ、会場に着いたのが、自由集会開始5分前
でした。あぶないあぶない・・・。


自由集会はそこそこ人も集まり、生態学会デビューとなるM師匠はこの場でも
舌好調で、相変わらず。パンダさん、O川さんの発表を終えて、僕の番となりました。
今回話題提供した内容は、受理された論文の一部を紹介するという形で、ニゴロブナの
水田における成長解析と水田で育つメリット的な話。発表自体はまあまあの内容
だったでしょうか・・・。
その後の総合討論では、コメンテーターをお願いしていたA田県立大のHさんが、
それぞれの演者に核心をつく質問をしてくださり、それが私たちのプロジェクトの
課題と展望を与えてくれました。このプロジェクトでは、初めての学会デビューでしたが、
多くの方にまずは知ってもらえた点、そして色々と意見がもらえる場になったのでは
ないかと思います。


そんなこんなで、夜はこのメンバーで懇親会。
最初はテーブルが若手だけ離れていましたが、のりたまん君をはじめ、
色々と交流ができました。その後は、H先生に絡まれたり、Oさんに絡まれたり、
M師匠に「どうでもいいから早く論文書きなさい」とこの場でも説教されたりと、
楽しいひとときを過ごすことができました。
注文してから1時間たってやっと来た盛岡冷麺を食べて懇親会は終了。

同じ宿のM師匠、そして近くの宿のM野さんと一緒に帰りました。
帰り道は論文を書きなさいと呪文のようにリピートされ、その後はなぜか
かぼすの話題になりました。まさかかぼすもこんな所でウワサされているとは
思うまい。


何はともあれ、無事に一日目が終了しました。
さて、明日はポスター発表だ。出来は悪いけど、頑張ろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
青森 → 生態学会1日目。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる