学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 歯医者のち会議、ときどきWBC

<<   作成日時 : 2009/03/23 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

盛岡帰りの疲れもなく、日曜日は仕事に励めました。
で、今日は休みを利用して、午前中は歯医者。ここのところ治療をしていたら、
また別の歯が悪くなったりしていて長引いています。
11時すぎから予約をいれていたので、それまでWBCの日本VSアメリカ戦を観戦してたら・・・
めっちゃいいところまできて、歯医者の時間になりました。

とはいえ、歯医者にいってもTVがついていたので、そのまま待合室で観戦。
ちょうど8回くらいのいいところで呼ばれたので、気になってしようがなかったのですが、
幸いにも、TVの音が聞こえるくらいの席だったので、治療中も何やら実況が聞けました。
途中で先生が「勝ったよ」と教えてくれたくらい先生も気になっていたらしいです。


で、なんだかんだで治療は終わり、午後からは生物環境アドバ○ザー会議でK津市へ。
午後から、今年度の事業報告や来年度の実施予定箇所などの説明があり、意見交換の
時間になりました。どうせ言ってもアノ大先生からケチをつけられるだろうから、何も
言うまい、と思っていましたが、僕も携わっていて、いきなり内容変更が行われた事業に
ついてM先生からコメントがあったので、僕も回答をして、ついでなので、僕も思ってた意見を
いうことにしました。
会議の時にでてくる生物のリストなどに誤同定がしばしば見られること、それがきちんと
していないと対策もしっかりと立てられない、そしてこの会議に関わっている
人達の半分くらい(4分の1?)はそれぞれの分野のスペシャリストがそろっているので、
わからなかったらそういう人達に相談すべきだ、自分も専門以外で自信のない分野は
他のスペシャリストに相談すると。

すると大先生から「言語道断だ、自信がないなんていうべきでない。
勉強不足も甚だしい。」とアリガタイオコトバをもらいました。
別に大先生に向かっていっている訳ではないし、回答としても何を言ってるのか
さっぱりわからない。自分の発言がおかしいと思わないのだろうか?
そんなんだから、「この事業は生き物に対して保全を図りました」という看板だけで中身は
すっからかんの事業が多発するんだと思います。

終わってから、何人かの人からフォローの言葉をいただきました。皆さんは私の考えには
同意してくれていたようです。大先生を除いては。

本当の保全って本当に難しい。それはこの前の生態学会でも色々なところで議論されていました。
上で牛耳っている人があの状況ではウチの県ではそれが実現できるのは当分後になりそうですが、
現場までは大先生も入ってくることが少ないので、こちらはこちらで信頼できる方々と手を組んで
少しでも「保全」に近づける保全活動をしていきたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歯医者のち会議、ときどきWBC 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる