学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 研究成果を記者発表。

<<   作成日時 : 2009/04/23 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 1

色々と時間のあるときを見つけて我が博物館のHPを少しずつ改訂
しているのですが、勢いでケータイ用のページを作ってみました。
今後はTSUT○YAみたいに、ケータイ限定クーポンみたいなんが
できるようになれば・・・、と思っています。

さて、今日は午後から休みをとって、B博物館へ行ってきました。
今回掲載された論文については、ここの研究プロジェクトの成果の
一環でもあり、県のやっている取り組みを後押しするという意味も
もっていたので、B博が研究成果の記者発表の場を設けてくださったのです。

B博で別の博物館の学芸員がB博の研究プロジェクトの成果を
発表するというよくわからん構造ですが、何はともあれ多くのメディアに
色々と成果を知ってもらえる良き機会でした。

新聞6社がやってきて、20分ほどで簡単に研究内容の説明を行ない、
後は質疑応答でした。色々とどういう効果があったのか、どういうことが
わかったのか、ということをわかりやすく伝えたつもりですが、果たして
記者にはどう受け止めてもらえたやら・・・。

で、結構困った質問が2点。
ひとつはB博の研究プロジェクトの中での僕の位置づけ。まあ、普通に考えたら、
ちょっと「?」と思ってしまうだろうなぁ。とはいえ、このプロジェクトでの関わりは
学生時代からの研究を個人として続けているものなので、ウチの博物館との
関わりがなく、またそこがややこしくなっています。でも肩書きはウチの博物館に
なってしまうので・・・。
ま、このあたりはプロジェクトにはB博の職員だけでなく、外部機関の共同研究者が
たくさんいるんだよ、ということを含め、たんさいぼう影の会長さんが答えてくださいました。

で、もうひとつ。
「シゲ。さんの専門分野は何でしょうか?」

うっ、、、とつまってしまい、とっさに出た答えも、つまりながら
「ぎょ、魚類生態学です。」と言ってしまいました。。。
その瞬間、会場に来ていたB博スタッフはみんなニヤニヤ笑っていたのは言うまでもなく、
終わってからみか姐さんやYさんには「あの質問の時の動揺っぷりが一番おもしろかったわぁ」
と言われてしまいました。一番簡単そうな質問が一番回答に難しかったです・・・。

そりゃ、確かに淡水魚がメインだけど、昆虫やったり、貝やったり、博物館学や環境教育も
かじったりでいまや何でも屋と化してるからなぁ。一瞬何て言ってよいか悩むわ。
まあ、無難な回答だったと思います・・・。


何はともあれ、色々な形でサポートしてくださったB博の方々に感謝です。
これからまだまだ論文は書かないといけないので、大変ですが。。。
あと、こういう形での発表について、まだウチの博物館では研究(特に個人が個人の時間で
やっている研究)への理解度がないので、また何かいちゃもんつけられなければ良いが・・・。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
写真を拝見しました。新聞にも載ってるのですか?
アサヒコムマイタウン滋賀の特集「環境」の記事のところ
素敵な笑顔でバッチリですね!ではでは
よっさん
URL
2009/04/28 19:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
研究成果を記者発表。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる