学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 野生の勘炸裂。

<<   作成日時 : 2009/12/03 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 5

今日は午後から県の工事事業に対する生物保全のアドバイザー会議へ
行ってきました。
今回は我が町内にあるため池の周辺部で行なう事業が対象です。
事業箇所は山の中にあるため、私自身もまだちらっと行ったことがあるだけで、
きちんと調査をしていない場所でしたが、雰囲気的にマシジミやホトケドジョウが
いてもおかしくないなぁとかねてから思っていた場所です。


とりあえず、県事務所で工事の概要を聞きました。着工はまだ先であり、
生物調査自体もやっていない、ということで、まずは他のアドバイザーの
方々とも一緒にみんなできちんと季節的に調査をやりましょうということになりました。
ある程度計画も決まっていますが、調査結果も反映できるよう柔軟に考えましょう、と。

で、とりあえず雨降ってるけど、現地へ行こうということになりました。
ちょうど車が入院中で、僕は何も装備を持っていなかったので、同じ庁舎内の
農政部局から網を借りてきて準備OK。


場所は、3つのため池が連なっている場所で、雰囲気はとても
よさげです。とりあえず何かいないかな〜と一番下の池で、網をいれると
スジエビが。そして真ん中の池周辺では予想通り、マシジミが生息していました。
我が町も近年はタイワンシジミ種群にやられているだけに、また貴重な生息地を
見つけました。このほか、ため池で生活史が回っているであろうトウヨシノボリも。
これは暖かくなってからの調査も楽しみです。

で、一番上の池は、土砂がたまっているのか全体的に浅く、
少し湿地状になっていました。
県の担当者の方に、こういうとこってホトケドジョウとかいるんですよね〜、
もし見つかったらレッドリスト種だからいろいろ対策たてないといけないし
大変ですよ〜とか言いながら、網を入れると


あ、ホトケドジョウとれた・・・


本当に一発目でとれたので、びっくりしました。
いやはや野生の勘とは怖いもので。。。。
岸からざくっとだけですがこのほか、ドジョウ、スジエビ、ハイイロゲンゴロウ、
マツモムシ、トンボ科の幼虫。これから調査をすれば何かの脈がありそうな
場所でした。

という訳で、この事業では直接ため池をいじる訳ではないのですが、
一応対策をしておかないと影響がでるだろうと想定されましたので、
重点保全項目のひとつがホトケドジョウの保全ということになりました。
もちろん、ホトケだけではないのですが、水辺のシンボルとして、
これから時間をかけて生息状況を調べ、それを計画に反映させて、工事期間中の
注意、工事後の事後調査まで県とアドバイザーが協力してやっていこうという
ことになりました。

このあたり、県もフレキシブルに対応をしてくれるようで、また私も地元への
対応がしやすい場所なので、このあたりの理解に努めるようにしたいと思います。


会議終了後は、個人的に色々と管内の河川工事の進捗状況を教えてもらったり、
県事務所が行なっている河川の魚類調査に関して相談を受けていました。
河川の工事に関しては、かつて学生時代から生物の保全に関して色々と意見を
出したり、活動を行ってきましたが、財政の影響もあってからここ数年の考え方は
どんどん変わってきているということを今日も感じました。

当然、しなくてはいけない工事もある訳で、その中でどうやれば人命にも、そして
野生生物にも影響が必要最低限になっていくかを考えるテーブルと現地を見る眼が
必要になってきます。僕たちがずっと見てきた川の改修も県の担当者の方が
変わってから、まったく音沙汰がなく心配していたのですが、県の方も、これからは
ぜひ情報を教えていただきたいということで情報の共有と意見交換を図れる機会を
増やしていけるようにしたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
また出た…ゴットハンド。
さすがです
みか姐
2009/12/04 13:36
流石…ゴッドハンドはまだまだ健在ですね!!
うた
2009/12/04 18:47
ほぉ〜!
人間ほんとに直接目に付く(で興味のあるもの)もの以外は見えてないもので
いかに気づかれず消えていく世界の多いことか…。地域に当たり前に「知ってる人」がいれるようにあってほしいと祈りつつ、及ばずながら出来る範囲のことをしていきたいなぁと感じました
今日はびわ湖岸の針江浜園地に広がってるハリエンジュ(という外来種 要注意リスト)を案内してきました
よっさん
URL
2009/12/05 08:38
ご無沙汰しています。すごいですねー。本当に野生というより、これまでのご経験で培ってきた勘。びっくりです。
我が家のコギセルたちは水没したままで、絶滅したかもです。
私は5年働いた貿易事務を1年前から転職し、
最後の10年を県の農業指導で燃やし切ることにしました。
丸ドン
2009/12/05 10:48
>みか姐さん。
最近はあまりフィールドに行けていなかったのでこういうこともなかったんですが、久しぶりにやっちゃいましたね。しかし、ホトケドジョウだけはこういうパターンで採れることが多い魚です。。。

>うたさん。
決してポケットに入れていた訳ではないので、あしからず。
偶然とれたんです。偶然。

>よっさんさま
一つの専門に偏ってもよくないでしょうし、総合的にモノは見ないと、保全もなかなかできないですよねぇ。僕は植物が苦手なので、なんとか克服したいと思っているのですが、やっぱりあれば難しいです。しかし、針江でハリエンジュはなかなか面白い組み合わせですな。T賀でタガメが取れればそれなりに面白いのですが(笑)

>丸ドンさん。
ご無沙汰しております。これまでの経験というか直感というか、やはりいそうな場所は何かニオイがするので、思わず出た言葉でした。こういうのはきっと機械でははじきだせない何か人間の感性というものがあるのでしょうね。次は農業指導ですか!!期待していますよ!!
シゲ。
2010/01/27 01:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
野生の勘炸裂。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる