学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日高先生に花火を贈る会。

<<   作成日時 : 2010/06/19 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今日はぼくの尊敬する日高敏隆先生に花火を贈る会の当日でした。
というわけで、休みをとって大学へ。

水曜日の夜、日高先生の生涯、そして考え方、「人が育つ大学」ができるまでを
多くの人に紹介すべく、展示をみんなで設置しました。200冊を超えるこれまでの著書、
訳書、監修の書籍を紹介したり、大学での日高先生の考え方、学生とのかかわり、
新聞記事などを展示しました。
今日は日高先生が大学で行なっていた講義の様子をビデオで流し、そしてそこに
ぼくの紅茶サービスも。紅茶を飲みながら、日高先生の動物行動学の講義が聴ける。
なんて贅沢な空間だ、と作った我ながら感じました。


朝から多くの人が来てくださり、日高先生のお人柄、そして残された業績を感じ取って
くださったようです。本を手にとってじっと読まれている方、学長時代の写真を眺めながら
「あっ、これあの時の写真や!!懐かしいなぁ!!」と話されている方、それぞれの思い出や
想いを感じてもらえて、展示した側としてもやりがいがありました。

また、同じ企画者のH先生と共に、いろいろ展示ツアーやったり、日高先生が発見された
研究成果を実験室風に仕立てて見てもらったりと、ぼくなりのアレンジも加えさせてもらい、
体感もしてもらえる場にしてみました。現役学芸員として、色々とこの展示で自分の特技を
活かせることができたのは、とても嬉しかったです。


そして夕方からはシンポジウム。そして懇親会。
大学のOBも多数かけつけてくださり、本当に日高先生が多くの人に親しまれ、
そして愛されていたんだなぁと感じました。またこの場で色々とお知り合いになる方も
いらっしゃり、日高先生が残してくれた人のつながりができました。

最後は夜空に舞い上がった、みんなの想いがこもった花火。
多くの人に囲まれて、すばらしい花火があがりました。みんな大歓声の中、
無事に贈る会も終了しました。



あなたを慕って、あなたに会いたくて再び集った人たち。
天国の日高先生、みんなの声が、そして花火の音が、聞こえましたか?

これからも、ぼくたちは、あなたの意志を引き継ぎ、「人が育つ」場を創るとともに、
新著「世界を、こんなふうにみてごらん」のまえがきに書かれていたように、
これからの少年少女、そして大人にあなたの視点を多くの人に伝えていきます。
あなたがいなかったら、今、ここにぼくはいなかった、そう思っている人はたくさんいますから。

そんなみんなの想いを集める場を創ることに関わることができたぼくは幸せでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
参加できずに残念
シュンツ(マイミクニックネームより)
2010/06/21 12:26
懐かしい人とも会えて、本当にすばらしい会でした。
花火を見た時は涙腺が緩みました…。

シゲ。さんの展示ツアーも大変良かったと思います、さすがです。
ありがとうございました。
タケゾウ
2010/06/21 22:58
参加できずに残念。
素敵なイベントやね。行きたかった。

今夜は花火を想像して、
日高先生の事を思う夜にしよう。
うしうし
2010/06/21 23:42
みなさん、お返事遅くなってすいませんでした。

>シュンツさん。
きっと新幹線の中から手を振ってくれた姿は、先生にもきっと届きましたよ。今回のような会はこれからも何らかの形で続けていきたいと思います。その時はぜひ参加してくださいね。

>タケゾウさん。
お越しいただいて、ありがとうございました。最後の花火は本当に僕も感動しました。そういう時間を共有できてよかったです。展示も色々と好評だったようで、作った側としてはやった甲斐があって喜んでいます。

>うしうしさん。
この前会ったときはびっくりしました。当日来れなかったのは残念だったけど、こうやって同期のみんなと一緒に日高先生を語ることができるのも嬉しいです。やっぱり僕らの中では永遠の学長ですからねぇ。
シゲ。
2010/07/21 23:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日高先生に花火を贈る会。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる