学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS クニマス再発見とこれから

<<   作成日時 : 2010/12/16 23:53   >>

トラックバック 0 / コメント 5

その第一報を聞いたのは、一昨日の夜でした。
まさか、、、そんな。。。淡水魚を研究している人なら誰もが驚きました。
環境省レッドデータブックで「絶滅」とされていたクニマス Oncorhynchus nerka kawamurae が
山梨県の西湖で再発見されたんですから・・・。

昨日になって、どんどんと報道されはじめ、一躍世間でも注目を浴びたニュースになりました。
また、発見のきっかけがさかなクンということもさらに話題を呼んでいます。

◆クニマス絶滅してなかった! 生息確認、さかなクン一役
http://www.asahi.com/eco/TKY201012140527.html

yodoさん、クロドンコさん、おいかわ丸さんなど周囲の魚類研究者の方々の
ブログにも色々とご意見が掲載されています。さすがに反響大。


さて、このクニマス、僕自身も標本は琵琶湖博物館などで見たことがありますが、
その存在についてはもはや伝説のようなかたちでしか知識をもっていません。
秋田県にある田沢湖にのみ生息するサケ科の固有亜種であること、そして水力発電や
利水の目的で田沢湖に強酸性の河川水が流入するようになり、環境が悪化、
他の魚類と共に姿を消した、ということ。以後、70年にわたって発見されていないこと。
僕が知ってるのはこのくらいです。

それが、実は別の場所に移殖されていて、細々と生き残っていたんだから、びっくりです。
と、同時にこれから日本の淡水魚を保全していく上で非常に重要な課題を与えてくれました。
一筋縄で「ああ、よかった」とはいかない出来事だと思いました。


今回の再発見により「種(今回の場合は亜種)」が存続されていたことは、非常に
貴重であるといえますが、本来の生息地である田沢湖ではすでに人為的な要因によって
絶滅していること、つまり「野生絶滅」の状態には変わりありません。絶滅に追いやった
事実は忘れてはいけないと思います。

そして、残されていたのが遠く離れた山梨県の西湖であり、それは人為的な移殖に
よる結果であること。当時、水産有用なのか、それとも本当に系統保存を目的としていたかは
わかりませんが、西湖を含め、琵琶湖など複数箇所に放流歴があるようです。
となれば、もう一つの観点からみると、クニマスであれ、「国内移入種」になるわけです。
私自身も色々とこの国内移入種の問題に取り組んでいる一人として、どうしてもそこが
複雑な気持ちの理由となっています。絶滅種やレッドデータブックに載ってる種だから良い、
ではなく、本来いるべきところに生息しているのが本来の健全な姿です。
これから「絶滅してはいけないから、他水域へ放流しよう」というような考えに至らないためにも
今回のこの発見は大きな教訓にしなくてはいけないでしょう。

最後は西湖という場所を公表しているがゆえの、これからの管理と保全の対策です。
場合によってはすでに釣り人などがどんどん押し寄せているのかもしれません。採集規制や
なんらかの保護指定をするのも時間がかかるでしょう。「国内移入種だから採ってもええやん」
となる状況も出てくるかもしれません。そもそも、ヒメマスを漁獲しているときに混獲されて
いたとのことなので、採集規制などは難しいのかなと思います。地域と行政、漁協などが
これからどのような判断を現場でしていくのかも気になるところです。


「種」を保全・保存していくことと、「本来その場に生きる生物」を保全・保存していくこと、
この二つが矛盾しているからこそ、複雑な課題になっていくのではないかと思いますし、
それを考えさせてくれる絶好の機会なのかもしれません。

これから出る論文も楽しみですが、環境省、水産庁、県などの関係省庁、そして地元や
研究者のこれからの動きをしっかりと見守っていきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
へえ、魚類学会内部でもリークされてなかったんだ?
m-urabe
2010/12/17 17:39
移入してるから野生絶滅なんですね〜。トキみたいに天然記念物になって野生絶滅して、でも飼育下のものも特別天然記念物のままっていうほうがめずらしいんかな?
今後の動き、気になりますね。
とりあゆ
URL
2010/12/17 18:24
>m-urabeさん。
上層部はどうだったか知りませんが、自然保護委員会の方々も知らない方が多かったので、あまり情報としては出回っていなかったんだと思います・・・。今年の年次大会でもこの話は聞いたことありませんでしたし。。。

>とりあゆさん。
野生絶滅というのはあくまで僕個人の考えですが、だいたいの方の意見は同じようですね。確かにトキのケースっていうのは逆に珍しいのかもしれません。。。
シゲ。
2010/12/18 21:56
さかな屋さんにとっては今年一番のビックな話題ですね。
移入種ではあるけれども、残っていたことは「よし”」とせねば・・・まだまだ自然保護の認識のない時代の出来事。

今朝も西湖からの中継があったね。

PM6時から、NHKで琵琶湖の魚の話題があるらしいね、何の事か知らないけどビデオセットした
もりぴー
2010/12/20 08:39
NHKじゃなかった! 失礼しました_(_^_)_
世界中の巨大な珍魚を掴まえている大学院生で、ビワコオオナマズを掴まえに来たらしい。
中井さんは琵琶博でオオナマズの解説に登場。
で、ブラックバスで80pくらいのを1匹ゲット! モノ足りず翌日まで何度も挑戦するがサッパリ・・・良かった(^_^)v
趣味の釣り針に掛かっちゃ困るわ、以前大物を釣ったそうであるが。
もりぴー
2010/12/21 08:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クニマス再発見とこれから 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる