シジミ開き。

今日は午前中に、ちょっと時間的余裕があったので先日お千代保稲荷で購入した
揖斐川産シジミ(9月1日の日記参照)やその他もろもろの淡水貝・陸貝の肉抜きを
久しぶりにしてました。
問題のシジミなんですが、ヤマトシジミとタイワンシジミ種群は簡単に分けられるとして、
いざぐつぐつと煮込んでみたら、殻の内側の色が2パターンに別れていました。

画像 画像


大まかな外見で判断すると、ヤマトシジミ、タイワンシジミ種群その1(外側緑がかった黄色、内側濃紫色)、タイワンシジミ種群その2(外側うす黄色、内側白色(側歯は濃紫)、いわゆるカネツケシジミと呼ばれるものに近い)の3つに分けられました。むぅ、2型もでてくるとは・・・。とりあえず、この2型については、軟体部のアルコール標本も作っておきました。

近年爆発しているタイワンシジミ種群。僕のまわりでもあちらこちらで採集されます。僕が知っているマシジミの生息場所って、あとどれくらいあるだろう・・・。
汽水棲のヤマトシジミへの影響は今のところ少ないとは言われていますが、このままでは日本の淡水生態系はどうなるんじゃろ?と不安になってきます。

この後は、tel君の対馬土産のツシマギセルの写真を撮影し、肉抜きをしたんですが、軟体部の残り1/4が残っちゃったよ・・・。しばらくやってない間に腕が落ちたなぁ・・・。tel君、かたじけない。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック