学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 花粉症にやられる。

<<   作成日時 : 2005/05/29 23:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここんところ、崖っぷちの仕事つづきで更新を怠ってしまいました。
なんとか一山だけ越えて、次の仕事へ向かって全力疾走のこのごろです。

さて、今日はとあるNPOの観察会が木津川であったので、そこへ参加してきました。
普段はメーリングリストなどで意見交換をしているだけなのですが、年に2回ほど観察会を
行なって、みんなで交流もしています。

朝8時過ぎにこっちを出て、途中高速を使い10時ぴったりに集合場所へ到着。
そこから、また車で10分ほどで、目的地へ到着しました。
最初は代表のHさんの調査のお手伝い。ということで、草むらへ出撃したと同時に、

・・・きました。花粉症です。

私は以前からイネ科花粉症を持っていて、いつもはちょこちょこ鼻水がでるのですが、
今日は最初から絶好調で、下を向けば、点滴のごとく鼻水がでてきます。もはや下を向くことが
できません。
まあ、最初の第1波を乗り切って、調査を続行していたのですが、その後もで続ける鼻水。
さらに襲い掛かる眼のかゆみ。そこにイネ科植物にかすった箇所がかゆくなり、ブツブツができる
症状が加わります。ん?しかも今日はかすっていない体の中や足までかゆくなってくるじゃないか!!
いつもより余計に被害がでています。午前中からいきなりグロッキー状態でした。

とはいいつつも、なんとかテンションを高めに保ち、お昼のバーベキューに参加。
かなり日のあたりがきつかったので、暑かったのですが、みんなで楽しくお昼を過ごすことが
できました。その後は魚の採集をしてみることに。最初はなかなかとれなかったのですが、
ついに網でとれたと思ったら、なんとスジシマドジョウ中型種!!確か京都府では絶滅寸前種に
指定されていたのではないでしょうか?こんなのがいたのか〜、さすが木津川、と思いながら
おそるおそる観察しました。
その後は、ヌマチチブ、オイカワ、カワムツかヌマムツの稚魚、カダヤシ、コイの稚魚などが
観察できました。他のメンバーの方も色々と興味をもたれており、魚の写真なども撮っておられ
ました。

この後は、近くの水田地帯も散策。ここで、Sさんにヨシの若芽をつかった笛を教えてもらいました。
これは今度の博物館だよりに使えるかも。御礼にこちらからはカラスノエンドウの笛を教えました。
暑い中でしたが、なかなか有意義な観察会になりました。
今回の観察会を企画してくださり、日程調整と準備をしてくれたSさん、そして参加してくださった
みなさんありがとうございました。

ちなみに鼻水は一日中出っ放し。体のブツブツは広がるところまで広がったら、あとは沈静化して
いきましたが、特に首まわりなどは夜になっても残ってしまいました。
暑くて汗をよくかく日にたま〜にこのような全身かぶれのような状態になってしまうので、一度
病院にも行ってみようかなと思っています。耳鼻科も眼科もいかないとな〜。

水田地帯の魚を研究しているのに、イネ科植物の花粉症で、しかもかぶれる。
つくづく研究するには向いていない最悪の体質です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
花粉症にやられる。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる