学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 博物館紀行 その1 千葉県立中央博物館海の分館

<<   作成日時 : 2005/11/25 13:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日のえりっことの飲みのあと、京葉線の最終電車にのって千葉みなとへUターン。ネットで調べた時刻表を照らし合わせてなんとか2つの博物館に行けるだけのスケジュールをたてました。おっともう4時だ・・・。
(ちなみに、私のブログ、その日の出来事と合わせるために後日に日付を戻して書いている事がよくあります。前日の日記も日付変わってから書いています)

さて、今日は6時半起床。
千葉県立中央博物館海の分館に行くのですが、なるべく開館直後くらいまでに着けるように7時すぎには千葉みなとを出発しました。ホテルの朝ご飯チケットがあったんですが。。。ゆっくりできず残念。フロントでは朝食を済ませたK先生とも会いました。

千葉みなとから、京葉線の普通に乗って蘇我へ。ここから特急「ビューわかしお」に乗って一気に勝浦まで行く事にしました。学生時代だったら、普通で行くけど、もう特急使っちゃうもんね。ビバ社会人。これでたびてつも出来るってもんだ。255系サイコー!!およそ1時間で、勝浦に着きました。

さてここから海の博物館へ向かいます。ホームページによると、勝浦駅からバスで・・・と書いて会ったので、バス停に行くと、

バスないよ・・・。直通は土日と祝日だけだよ・・・。

しかも博物館近辺を通る別の路線のダイヤも2時間待ち。ということで、やむを得ずタクシーで向かうことに。タクシーの運転手の方がいろいろとこのあたりの博物館の事も教えてくださいました。
およそ15分で海の博物館到着。目の前は太平洋。立地条件はいいけど、平日はアクセスが大変な場所でした。

まだ出来て5年目ということもあって、建物も大変綺麗な場所です。が、中の展示はウチの博物館と同じ位の面積だったのが、以外でした。もっとどーんとでかい展示室がいっぱいあるのかと思ってました。ってことは本館と同じでやっぱりバックヤードや研究施設が豊富なのか・・・。確かに施設の概要をみると、研究要素が高そうな施設です。すげぇなぁ。

画像 画像 画像


展示室に入ると、まずは房総の生き物ということで、魚や甲殻類の剥製が出迎えてくれました。そして、各コーナーには本館よりも数多くの展示解説ワークシートが設置されてました。しかも、大人版、子供版が用意されています。2つ作るのは大変でしょうが、ここらへんはさすがしっかりしていますねぇ。また、色々と展示換えができるコーナーもあり、けっこうな頻度で入れ替わっているみたいです。この時はある川の河口域の多様な植物についての展示がしてありました。もちろんこれにもワークシート付。常に各研究員の最新の成果が現れ、常設点でも常に変化の見られる姿勢は参考になりました。

あと、よーく展示を見て見ると、ところどころにリ○ちゃん人形がおいてあって、着せ替えで海での観察の服装とか、服にくっつく種子の展示をしています。会社から提供を受けたようですが、うまく人を惹きつける仕組みをしています。なるほど、こういう手があったか。

だいたい1時間くらいで常設展示の見学は終了。シアターで房総半島の自然についてのビデオ上映をしていたので、それを見た後、ホールで出版物の閲覧ができたので、そこをあさってみました。色々と教育関係の資料を出版しておられたので、それが入手できないか交渉。残部がたくさんあったので、観察ノートなどの刊行物を頂くことができました。

以外に早く出る事ができたので、海岸沿いを歩いて近くにある海中公園に行って見る事にしました。海の中に突き出た塔。その中は海の底が見えるそうです。930円。

最初は、そんな簡単に魚は見れないだろうとタカをくくってたんですが、これが行ってみるとイシダイやカワハギなどたくさんの魚がいるではありませんか!!すげぇ!!水族館みたい!!予想以上の物でした。

・・・ん?窓の外を良く見ると窓と窓の間に何か箱みたいなものがぶら下がってるぞ。

画像 画像 画像



「ママー、あれ何?」
「シッ、見てはいけません」


・・・ああ、そういうことだったのね。と納得。
ようやく魚が集まっているワケがわかりました。

納得したところで、帰ります。ここの海中展望塔はすべて階段なので、良い運動になりました。上に帰ってくるとさっきの箱をぶらさげたワイヤーが各所にありました。

その後、研究室と博物館にお土産を買うためすぐそばにある物産店に。ここの名産は海の幸と枇杷らしかったので、房総びわパイなるものを買ってみました。まだだいぶ時間があったので、いろいろと店のおばちゃんに聞いて見ると、近くに理想郷と呼ばれる絶景の場所があるそうなので、そこに寄ってから近隣の駅まで歩いて行く事に。おばちゃんには10分で行けると言われてたのですが、スーツケースのようなカバンをひこずって歩いてたので、かなり時間がかかってしまい、途中で断念。その後は最寄の鵜原駅へ向かいました。

鵜原から電車に乗って、勝浦へ。ここで昼食を買おうと思って駅の外へ出ると、なつかしのD☆MD☆Mバーガーを発見。おもわず、ここで食べちゃいました。小学校低学年までは僕の中でファーストフードと言えばD☆MD☆Mだったので、懐かしい味に浸りました。

さて、ここから横須賀まで一気に移動です!!お昼すぎのE257系「わかしお」でまずは東京へ。また特急使っちゃいました。ここまでは、何とかスケジュール通り。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
博物館紀行 その1 千葉県立中央博物館海の分館 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる