学芸員のひよこ

アクセスカウンタ

zoom RSS バックヤードツアー開催。

<<   作成日時 : 2009/05/03 21:41   >>

トラックバック 0 / コメント 1

博物館の企画展の関連行事として、今日と5日にバックヤードツアーを
計画しました。博物館をもっと知ってもらい、もっと興味を持ってもらおうと、
学芸員が展示の裏側や普段は入ることが出来ない場所を案内するというもの。
今日はその初日で、午前の部、午後の部の2回を実施しました。

これまで大学や高校の授業の一環として裏側を見せることはありましたが、
普及行事としてはこれが始めての試みでした。
sakumadさんをはじめとして色々と博物館の方からバックヤードツアーに
関してそれぞれのやり方やトラブル等アドバイスをいただいていたので、
ある程度事前の対策もできました。

まずは常設展示室で隠されたヒミツを色々と解説。一番でっかい化石を展示
しているケースはどうやって開けるのか?壁にある等間隔の溝は何なのか?
など、色々とヒミツをカミングアウトすると、参加者からは「へぇ〜!!」という声。
普段見ている展示でも、色々とヒミツが隠されていることを伝えました。

その後は、実験室、岩石薄片室などを案内。ここは他のスタッフに解説をお任せして
化石クリーニングや岩石裁断の実演もしてもらいました。

そして、メインの収蔵庫見学。実物の標本を見てもらいながら、ここにしかないモノや
標本の価値、ラベルの重要さ、標本をなぜ残すのか?などをそれぞれ説明していきました。
途中、使っているラベルも配布してみました。誰か、ラベルに記入して、標本を持って
きてくれないかな・・・・・

心配していた収蔵庫でのにおい(防虫剤のにおいとかホルマリンのにおいとか)で気分の
悪くなる人もいなく、無事に終了しました。
終了後のアンケートでも好評で、「博物館の知らない世界にびっくりした」「もっと博物館を
知りたい」という記述もありました。

今回は小学校低学年とその親という組み合わせが参加者層は多かったので、
ただのインパクトだけでなく、今後にリピーターとしてつながるようにうまくナビができないかと
考えています。
やっていて色々と課題も見つかりましたが、それをまた5日の分に生かそうと思います。

5日の部はまだ若干の余裕アリ。
というわけで、GWはぜひ当館へ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ウチももうすぐやりますよ♪
長い列になることが多いので、最後尾の方には気を使いますね!声聞こえないし〜、みたいでまとまりから外れちゃうと満足度がなくなっちゃうので。
あと基本かもしれませんが、要所要所で質問や手に触れるもの、体験を入れています♪
R.K
2009/05/05 20:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バックヤードツアー開催。 学芸員のひよこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる